日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2018年3月21日号 中村恒夫

厚生労働省は働き方改革の一環として、副業・兼業の促進を目指している。多くの企業は副業や兼業を認めていないが「やってみたい」と希望する人は年々増加しているという。個人のスキルアップや所得の増加などが狙いとみられる。

▼企業にとっては、副業・兼業を認めると、社内情報の漏えいにつながらないか、という疑念があるほか、繁忙時の労働力確保の阻害要因になると懸念する向きもある。同省はモデル就業規則を提示し、そうした不安の払しょくに努めているが「労務管理が一層複雑になる」と危惧する声は当面、消えそうにない。産業界全体としては、長時間労働是正への取り組み強化を優先することになろう。

▼これに対し、リクルートワークス研究所の萩原牧子主任研究員は「副業を持たせたら勤務時間の短縮につながった企業もある」と、その効用にも目を向けるべきだと指摘する。副業に時間を割くために、生産性向上につながる可能性があるわけだ。

▼一方で、人材不足に悩む中小・ベンチャー企業にとっては、この流れは朗報と言える。特定のプロジェクトを立ち上げた際、期間限定の契約社員を募集しても、知名度や待遇が劣り、期待した人材が集まらない例は珍しくない。ただ対象業務がネット経由で完遂できるのなら、外出しが可能になる。これを副業として請け負う人材が数多くいれば、委託できる範囲が広がるわけだ。

▼課題もある。萩原さんは「大企業で働く人を狙う場合、ベンチャーだからこそ経験できる業務を整理し伝えることが大事」と話す。社員でなくてもできる業務は何かを分類し、外部委託する際のアピールポイントを規定することは、経営全般の再点検にも効果があるだろう。

(時事通信社取締役・中村恒夫)

次の記事

コラム石垣 2018年4月11日号 神田玲子 無料会員限定

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

「老いていく」のは、どうやら人間だけではなさそうだ。多くの人が集まって暮らす「都市」もまた、年老いていく。大都市である東京の郊外には、高...

前の記事

コラム石垣 2018年3月11日号 丁野朗

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

2017年の訪日外国人客は、対前年比19%の増加で2869万人に達した。16年3月に新たに定めた目標値(20年までに4000万人)も、このままの伸び率が続けば...

関連記事

コラム石垣 2021年10月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

来年に予定される韓国の大統領選では、有力候補の1人がベーシックインカム(最低限所得保障制度)の導入を主張している。日本でも選挙公約に盛り込...

コラム石垣 2021年9月21日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

観光にとって地域の文化財や文化資源の重要性は改めて指摘するまでもない。▼昨年5月に制定された文化観光推進法は、博物館・美術館などのミュージ...

コラム石垣 2021年9月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

人を外見で識別するのは顔である。コロナ禍では、顔という個人情報がマスクで守られる。顔は多くの動物にある。食物の摂取機能からみて顔の始まり...