日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2018年6月21日号 宇津井輝史

生物はなぜウソをつくのか。ある種の食虫植物は、獲物が好みそうに偽装した葉を罠にして虫をだます。カマキリの一種は鳥の襲撃から身を守るために、周囲の枝そっくりに自らを偽装する。彼らの欺きは生きてゆくための戦略であり、生物に組み込まれた生存システムである。だから人間の勝手な立場でだましていると言ってはいけない。

▼クモはハエの通り道に巣を張る。細く紡がれた糸はハエの目の構造ではとらえられない罠だ。メスアカムラサキという蝶のメスはカバマダラという蝶そっくりに偽装する。後者はまずいせいで鳥に捕食されない。一方、ライオンの集団が狩りで待ち伏せ役を置くのは脚力不足の欠点を補うためだ。だましているにはちがいないが、これらもみな生存戦略の一環である。しからば人間はなぜウソをつくのか。

▼人間社会は約束事で成り立っている。ウソをつけば社会の運営が混乱するという合意があるためだろう。だから製造データを改ざんしたり、賞味期限を偽れば会社の存続が危ぶまれるほどの事態に直面する。

▼昔の大人は「お天道様が見ている」と子どもをたしなめた。ウソは泥棒の始まりと教えもした。お天道様とは一神教の神のような存在だったろう。明治の世、日本はどんな道徳教育を施しているのかと、欧州の法学者から問われた新渡戸稲造は答えに窮した。のちに『武士道』を著したのはこの国に倫理規範がないのを痛感したためである。

▼藩を治める大名が民をまとめ、幕府が大名を統べる体制が一新されて150年。立派な近代国家を建設したが、戦後社会は「良心の痛み」を司る内なる神の存在を薄めてきた。もしも何らかの事情で、蔓延するウソが致死量に達すれば、社会は死ぬ。

(文章ラボ主宰・宇津井輝史)

次の記事

コラム石垣 2018年7月1日号 丁野朗

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

地方都市を旅すると、その景観にがくぜんとすることが少なくない。特に空港や主要駅からの沿道には、全国チェーンの商業施設の派手な看板が立ち並...

前の記事

コラム石垣 2018年6月11日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

「ニューカラー」という言葉をご存知だろうか。これは、IBMのロメッティCEOが提唱している新語で、IT関連の仕事に従事している人々のことを指す。...

関連記事

コラム石垣 2021年10月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

来年に予定される韓国の大統領選では、有力候補の1人がベーシックインカム(最低限所得保障制度)の導入を主張している。日本でも選挙公約に盛り込...

コラム石垣 2021年9月21日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

観光にとって地域の文化財や文化資源の重要性は改めて指摘するまでもない。▼昨年5月に制定された文化観光推進法は、博物館・美術館などのミュージ...

コラム石垣 2021年9月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

人を外見で識別するのは顔である。コロナ禍では、顔という個人情報がマスクで守られる。顔は多くの動物にある。食物の摂取機能からみて顔の始まり...