日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2018年6月11日号 神田玲子

「ニューカラー」という言葉をご存知だろうか。これは、IBMのロメッティCEOが提唱している新語で、IT関連の仕事に従事している人々のことを指す。従来は、ホワイト・カラーとブルー・カラーの二つに区分され、両者の違いは知識労働か、肉体労働かであった。これに代わる区分が、プログラム、データ分析、サイバーセキュリティーのスキルを必要とするかどうかになる。

▼ニューカラーの人たちは、プログラムという共通の言語で世界の人々とつながり、国境を越えて活躍していく人々だろう。デジタル時代の主役として、情報化社会をけん引していくことが期待されている。その人数は、今はまだ少ないが、あと5、6年もすれば相当の数に上るに違いない。ニューカラーの人々の誕生は私たちの意識を大きく変えなければならないことを意味している。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

コラム石垣 2018年6月21日号 宇津井輝史 無料会員限定

文章ラボ主宰 宇津井輝史

生物はなぜウソをつくのか。ある種の食虫植物は、獲物が好みそうに偽装した葉を罠にして虫をだます。カマキリの一種は鳥の襲撃から身を守るために...

前の記事

コラム石垣 2018年6月1日号 中山文麿 無料会員限定

政治経済社会研究所代表 中山文麿

トランプ米大統領は6月12日の米朝首脳会談をキャンセルした。会談実施に向けた交渉が再開されているが、彼はこの会議で当初期待していた北朝鮮が核...

関連記事

コラム石垣 2021年7月11日号 宇津井輝史 無料会員限定

コラムニスト 宇津井輝史

アフリカで生まれた人類は、ユーラシアから南米の南端までを数万年かけて歩いて渡った。やがて海は、陸と陸を隔てるものから、つなぐものに変わっ...

コラム石垣 2021年7月1日号 神田玲子 無料会員限定

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

新型コロナウイルス感染症との闘いを通して、各国が団結して行動する機運が生まれている。そう考える理由の一つが、グローバルな法人税制ルールの...

コラム石垣 2021年6月21日号 中山文麿 無料会員限定

政治経済社会研究所代表 中山文麿

新型コロナウイルスの変異株が世界的に猛威を奮っている。イギリス変異株は従来株と比べ1・5倍感染力が強く、インド株はさらにそれの1・5倍も強い。...