コラム石垣 2018年6月11日号 神田玲子

「ニューカラー」という言葉をご存知だろうか。これは、IBMのロメッティCEOが提唱している新語で、IT関連の仕事に従事している人々のことを指す。従来は、ホワイト・カラーとブルー・カラーの二つに区分され、両者の違いは知識労働か、肉体労働かであった。これに代わる区分が、プログラム、データ分析、サイバーセキュリティーのスキルを必要とするかどうかになる。

▼ニューカラーの人たちは、プログラムという共通の言語で世界の人々とつながり、国境を越えて活躍していく人々だろう。デジタル時代の主役として、情報化社会をけん引していくことが期待されている。その人数は、今はまだ少ないが、あと5、6年もすれば相当の数に上るに違いない。ニューカラーの人々の誕生は私たちの意識を大きく変えなければならないことを意味している。

▼例えば、彼らが希望する働き方は、伝統的な労働者のワークスタイルとは大きく異なる。昼夜関係なく好きな時間に働き、仕事が終われば好きな趣味に没頭する。また、家族と過ごすため長期間の休暇を取る一方、最新の技術を身に付けるために研さんに励む。世界中の企業からも、直接業務を受注するかもしれない。

▼伝統的な労働者のそれとは正反対の働き方ともいえる。しかし、こうした働き方が例外ではなく、ごく当たり前の光景にすることが重要である。そのためには、働く場所や環境、雇用条件、教育訓練などの支援を整備することが必要だ。また、労働者の持つスキルと企業のニーズを迅速にマッチングさせる仕組みも不可欠だ。これからの日本に必要とされる人材の能力も開花できる機会を増やしていく。ニューカラーを暗い顔にさせてはなるまい。

(神田玲子・NIRA総合研究開発機構理事)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

コラム石垣 2018年6月21日号 宇津井輝史

文章ラボ主宰 宇津井輝史

生物はなぜウソをつくのか。ある種の食虫植物は、獲物が好みそうに偽装した葉を罠にして虫をだます。カマキリの一種は鳥の襲撃から身を守るために...

前の記事

コラム石垣 2018年6月1日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

トランプ米大統領は6月12日の米朝首脳会談をキャンセルした。会談実施に向けた交渉が再開されているが、彼はこの会議で当初期待していた北朝鮮が核...

関連記事

コラム石垣 2022年5月1日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

明治維新を成し遂げた日本は中国の近代化を支援した。政府はむろん、日活の創業者ら民間人も孫文を援助して辛亥革命を助け、アジア初の共和国・中...

コラム石垣 2022年4月21日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

先日、日本の政策についてアンケート調査を実施した。そのうち「あなたが専門家に聞きたいことは何か」の問いでは、「有識者は信頼できないので質...

コラム石垣 2022年4月11日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

ウクライナ東部要衝のマリウポリや北東部のハリコフでのロシア軍の攻撃は凄惨を極めた。ウクライナ国民の戦意をくじくためにロシア軍は意図的に病...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする