日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 「例外の法則」を実践しましょう

「あなたは、仕事を抱えて、抱えて、抱えきれないものを部下に振っていますか? それとも、部下に仕事を振って、振って、振りまくって、部下ができないことだけを処理していますか? あなたはリーダーとしてどちらのタイプでしょうか?」

こう質問したとき、ほとんどの方がどちらであるべきかをわかっていながら、「前者である」と回答します。部下に仕事を振って、部下ができないことだけを処理するのが上司の仕事です。ところが部下のレベルが低いと、簡単なことだけを任せて、あとは全部上司が抱え込むしかなくなります。これは組織のレベルが低いということに他ならず、トップはそのことを認識しないといけません。

時々「私がやらないとダメなんですよ」と、何でもやる社長に出会いますが、その社長は人材をちゃんと育てられない人なのではないのでしょうか。

基本的に、仕事は社員がやるのですが、社員のできない仕事だけは社長がやる。社長は例外の仕事だけを担当する。(船井総研の創業者である)故・舩井幸雄氏はこのことを「例外の法則」と呼んでいました。

私事を例にとりますと、実家のディスカウントストアに25歳で入り、30歳で新店の店長になったときには、毎日12時間以上店で働いていました。そして毎朝、やることを重要な順にリストアップし、時間があればこれもやりたい、と理想的なことを書き並べるのですが、理想と現実は全く違います。面倒な電話がかかってくる、問屋さんが来る、アポなしの知人が来る、などといったありさまで、昼飯は3時過ぎまで食べられない。夜9時過ぎにやっと落ち着いて、「今日も忙しかったなぁ~」と一日が終わってみると、リストにあげたものの何もできてない……。そういう日々でした。店長でしたが、まるで雑用係でした。自転車置き場の整理から、ゴミ処理、スタッフが休む土・日には私がゴミ当番でした。組織が未熟だったというか、私が未熟だったのです。

それを実感したのは、6年ほどして次の店を出すことになったときでした。組織の権限を委譲してみると、担当者はきっちり仕事をこなしていったのです。もちろんスタッフの成長もあるでしょう。でも、仮にもっと早い時期であっても、任せさえすればできたのだと思います。その逆に、もし新店を出す計画が無ければ、私はその後も忙しい、忙しいと言いながら、仕事を抱え込んでいたかもしれません。

「例外の法則」を実践することは簡単ではありませんが、トップがそうすると決断する。そう決心することが最初の一歩。ここから本当の組織づくりが始まります。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

職場で何かことが起きたとき、皆さんはどのような物差しで判断していますか。判断の物差しを明確にすることは、スタッフの自信を生み出す大きな力になります。判断基準としてま…

前の記事

小山政彦

私は新年の時流予測を行い、毎年講演やセミナーで発表しています。これを基に、翌年の事業方針を決定する支援先もあるので責任も重く、コンサルタントとして真価の問われるとこ…

関連記事

小山政彦

経営者にはさまざまな視点の思考が必要で、「Think Globally,Act Locally:地球規模で考えて足元から行動せよ」は、まさに今大切です。が、それに加えていただきたいのは、Thi…

小山政彦

科学の進歩にともない時代が変わると、価値観も大きく変化します。180度変わることを意味する「コペルニクス的転回」という言葉も、天動説の時代から地動説に変わったことに由…

小山政彦

“コロナの時代”、という新たな局面に、私たちは突然投げ込まれました。多くの人が想定したことのない、このような状況の中でも、経営者は先を見据え、組織の安定を考え続けなけ…