日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 判断の物差しを明確にする

職場で何かことが起きたとき、皆さんはどのような物差しで判断していますか。判断の物差しを明確にすることは、スタッフの自信を生み出す大きな力になります。判断基準としてまず大事なことは、これを自分たちの仕事としてやるべきかどうか。会社の理念や業務内容に照らし合わせることです。

次に、優先順位は正しいかどうか。物事には、お客さまからのクレーム対応、締め切り、病気や事故などのように緊急で重要なこと。突然の訪問、電話、会議、冠婚葬祭など、緊急だけどさして重要ではないこと。人間関係づくり、健康づくり、リーダーシップの構築、品質改善などのように、ゆっくりでもいいから重要なこと。そして、ゆっくりでよくて重要でないこと、の4種類があります。

タレントを引退した大橋巨泉氏は「60過ぎたら義理は欠け」と言っています。地域に密着した仕事をしていると、友人の子どもの七五三の祝いにまで招待を受けてしまいます。私は船井総研の社長になってからは、本当に行かないといけない葬儀だけに出席して、あとは総務部長に頼みました。それと同時に社員の結婚式は常務以上の出席は一人にする、というルールをつくり、社内の義理付き合いを整理整頓したのです。

さて、判断の基準の三つ目は、自分たちの都合や利益で判断せず、お客さまの立場で物事を考えているかということ。お客さま優先を教える事例としては、リッツ・カールトンホテルの〝クレド〟(経営理念)が有名です。

そして最後の判断基準は、取引先のことを考えているかということです。1962年にディスカウントショップを創業した私の親父は、「仕入先も霞食って生きているんじゃないから、安く仕入れりゃあよいというもんじゃない」と口癖のように言っていました。

一方、ある大手ディスカウント店では、苦しい会社の足元を見て、首吊りの足を引っ張っても値切るというやり方で、仕入れ値を下げていたのでした。取引先の米びつまで考える親父を頼って、苦しい会社が商品を売りに来るのですが、お客さまに「これを買って良かった、儲かった」と思っていただくのが仕事、という親父の使命感があるので、「きちんと利益を取りなさい。その代わり商売になる値段じゃないと仕入れられないよ」とはっきり言っていました。しかし基本は、お互い食べていかないといけない、という下町の助け合い精神があったわけです。

お客さま、取引先、そして自社。それぞれへの判断基準をスタッフに教えることで、自信を持ってイキイキと働ける社内環境を育んでください。社員が成長することこそ、組織の質を高める唯一の方法なのです。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

私には4通りの文字があります。一つ目の文字は巻紙に書く筆文字。二つ目の文字は仕事上の原稿などを書く速記的な文字で、初めて見た方には読めないかもしれません。三つ目は手…

前の記事

小山政彦

「あなたは、仕事を抱えて、抱えて、抱えきれないものを部下に振っていますか? それとも、部下に仕事を振って、振って、振りまくって、部下ができないことだけを処理していま…

関連記事

小山政彦

経営者にはさまざまな視点の思考が必要で、「Think Globally,Act Locally:地球規模で考えて足元から行動せよ」は、まさに今大切です。が、それに加えていただきたいのは、Thi…

小山政彦

科学の進歩にともない時代が変わると、価値観も大きく変化します。180度変わることを意味する「コペルニクス的転回」という言葉も、天動説の時代から地動説に変わったことに由…

小山政彦

“コロナの時代”、という新たな局面に、私たちは突然投げ込まれました。多くの人が想定したことのない、このような状況の中でも、経営者は先を見据え、組織の安定を考え続けなけ…