セレクト地域短信 東日本の連携拠点開設 情報発信や交流に活用

鏡開きを行う佐伯会頭(左から3人目)、清水市長(同2人目)ら

さいたま商工会議所(埼玉県)とさいたま市は3月28日、東日本地域の自治体や企業が情報発信を行う拠点として東日本連携センター「まるまるひがしにほん」をJR大宮駅東口駅前に開設した。同センターは特産品の紹介やテスト販売、セミナー、商談会などを実施できるスペースを備え、情報発信やビジネス交流の場として活用できる。この日の記念式典には同所の佐伯鋼兵会頭、清水勇人市長らが出席し、新名所の開設を祝った。

さいたま市では2015年から、東日本の地方創生・地域活性化を目的に同地域の新幹線沿線自治体の首長が集まる「東日本連携・創生フォーラム」を開催。その中で、情報発信拠点として同センターの設立が合意され、今回の開設に至った。運営は同市と同所が共同で行う。

1階にはシティプロモーションを行うイベントスペースや各自治体の紹介コーナーが設けられ、2階はビジネスマッチングの場として商談会やセミナーなどに活用される。2階にはコーディネーターが控え、アドバイスも行う。

記念式典で清水市長は「地方創生の拠点として施設が末長く活用されることを願っている」と述べ、佐伯会頭は「ビジネスマッチングを創造し、地域経済の活性化になればうれしい」と話した。

オープン当日は、信州上田おもてなし武将隊のパフォーマンスや東日本のご当地キャラクターが集合する限定イベントを開催。また、4月7日まで「オープニングウイーク」として地酒飲み比べやコメとおかずの試食販売会「ご飯のおとも大集合」などを実施した。北海道函館市や新潟県南魚沼市、長野県上田市など10市町が出展し、連日大勢の来場者でにぎわいを見せた。

次の記事

セレクト地域短信 デコ巻きずしで名所表現 楽しくつくって集客事業

兵庫県 伊丹商工会議所

伊丹商工会議所(兵庫県)は、「平成30年度ひょうごまちおこし支援事業」の一環として「デコ巻きずしDE☆観光集客事業」を実施した。オリジナルのデコ...

前の記事

セレクト地域短信 買い物に地域ポイントを付与

三重県 伊勢商工会議所

伊勢商工会議所は2月16日、地域共通ポイント発行とキャッシュレス決済に対応した「伊勢マイル」事業をスタートした。小売り大手イオンが発行する「...

関連記事

セレクト地域短信 チョコでまちに熱狂を 支出額1位をPR

山口県 山口商工会議所

山口商工会議所は3日と6日、チョコレートイベント「チョコフロールやまぐち‼ ㏌中心商店街」を開催した。「チョコフロール」とは、山口県・市が姉...

セレクト地域短信 炭鉱遺産を観光資源に 市内回遊コース造成

北海道 赤平商工会議所

赤平商工会議所(北海道)など民間中心の9団体でつくる「赤平炭鉄港推進協議会」は、10月23日に「こもれび通りウオーキング大会」を開催した。同協...

セレクト地域短信 3者相互で販売する物産展開催

三重県 熊野商工会議所/岐阜県 中津川商工会議所/山梨県 甲府商工会議所

熊野商工会議所(三重県)、中津川商工会議所(岐阜県)、甲府商工会議所(山梨県)は、コロナ禍で消失した需要を回復させるとともに地域経済の活...