インドネシア ジョコ大統領 投資呼び込み図る 三村会頭 日本が一位に

ジョコ大統領(中央)と三村会頭(右)

日本商工会議所などは3月24日、来日中のジョコ・ウィドド・インドネシア大統領を招き、都内で歓迎昼食会を開催した。

乾杯のあいさつに立った三村会頭は、2月に派遣した経済ミッションで訪問したインドネシアの印象を「若者が多く、目が輝いており、将来に希望を持っている」と述べ、インドネシアの今後の発展への期待を表明。歓迎昼食会に先立ち開催されたインドネシア・ビジネスフォーラムで大統領自ら1200人の聴衆を前に講演し、インドネシアの将来性と日本からの投資を訴えたことに触れ、「インドネシアへの投資額で日本が一位になる可能性もある」との考えを示した。

また、同日の朝に行われた表敬訪問では「インドネシアが輸出拠点として国際競争力を持つためには、道路、空港、港湾などのインフラ整備や、安価で安定的な電力の供給が不可欠」と指摘。労働ビザ発給の厳格化への懸念を示すとともに、課題解決に向けたジョコ大統領のリーダーシップへの期待を表明した。ジョコ大統領は「頂いた意見を参考に、しっかりと取り組んでいきたい」と述べた。

日商は、2月に三村会頭を団長とする「訪インドネシア・フィリピン経済ミッション」を派遣。ジョコ大統領とも懇談し、早期の訪日を要請していた。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする