日商 Assist Biz

更新

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 急速に広がるシェアリング・ビジネス

台湾でもシェア自転車は普及している(台北市内)

自転車、自動車から宿泊施設までシェアリング・ビジネスがアジアのさまざまな都市で急拡大している。中国で米発祥の配車サービス、Uberを圧倒し、吸収した滴滴出行(ディーディーチューシン)の大成功は世界を驚かせたが、今、世界の経営学者、ベンチャーキャピタルなどが動向に深い関心を寄せるのは北京、上海をはじめ大都市で雨後のたけのこのように起業されたシェア自転車の動向だ。モノの所有志向が強いアジアで、シェアリング・エコノミーが成長する背景には経済の構造変化がうかがえるからだ。

北京や上海の地下鉄駅やオフィス街には黄、赤、青などに色分けされた自転車が乱雑に並んでいる場所がある。それぞれの自転車には契約者がスマホで顧客データを入れて解錠し利用できるシステムが装備され、利用は極めて簡便、迅速だ。大手のMobikeとOfoは数千万人規模の契約顧客を抱え、巨額の資金も世界から投資されている。Ofoは2017年末には中国全土に配備する自転車が2000万台を超えるという。

4、5年前からバンコクなどの市中心部で会員制のレンタサイクル、PUNPUNがあった。ここにきてステーションや自転車を増やし始めた。Mobikeは日本の福岡市に進出する計画を発表したが、東南アジアにも中国のシェア自転車会社が一気に進出する可能性がある。マレーシアで始まった「東南アジア版Uber」とも呼ばれるGrabは自動車、二輪車のシェアリングで、マレーシア、フィリピンなどで成長しており、昨年末、HONDAとの協業を発表した。まずは二輪車オーナーと乗客をスマホアプリでマッチさせる「バイクタクシーの配車」をインドネシアで展開する計画。一方、インドネシアでは地元のGo-Jekがバイクタクシーの配車をすでに運営しており、競争が激化する。

アジア全域でこうした配車サービスなどが急拡大する背景には公共交通機関の整備が遅れ、庶民の足が圧倒的に不足しているという状況がある。さらに深刻な交通渋滞で自動車よりもバイクタクシーの方が便利という特殊な事情もある。Airbnbのような民泊も立ち上がりつつあり、アジアはシェアリング・エコノミーの台頭期に来ているのは間違いない。

日本企業がそこにサービス提供者として参入するのは容易ではないが、顧客対応やシステム、車体整備などサービス品質の面で日本企業がビジネスチャンスをつかめる可能性がある。新しい潮流を傍観しないことが重要だ。

後藤 康浩(ごとう・やすひろ) 亜細亜大学 都市創造学部教授 早稲田大学政経学部卒、豪ボンド大学MBA取得。1984年日本経済新聞社入社、国際部、産業部のほかバーレーン、ロンドン、北京などに駐在。編集委員、論説委員、アジア部長などを歴任した。2016年4月から現職。アジアの産業、マクロ経済やモノづくり、エネルギー問題などが専門

次の記事

後藤康浩

東南アジアでスマホアプリを使った配車サービスが急激に拡大している。先月号のこの連載でも、米国発祥のUber(ウーバー)の成功に触発され、中国市場で配車サービスの「滴滴出行…

前の記事

後藤康浩

中国経済は上向きか、下向きか、分かりにくい状況が続いているが、庶民消費は明らかに大きな転換点に差し掛かっている。注目すべきは即席麺とビールだ。世界ラーメン協会による…

関連記事

後藤康浩

香港のことを考えると誰しも感傷的になる。香港は世界でも比肩するもののない特別なまちだからだ。旅行、出張、留学、就職、トランジットなど目的は違っていても、香港の空港(…

後藤康浩

アジアの新型コロナウイルス感染はピークを越えた。第二波、第三波の感染拡大のリスクはあるにせよ、平時に向かっているのは間違いない。だが、別の深刻な問題が日本企業に迫っ…

後藤康浩

中国には山査子(さんざし)を串に4~5個刺して、飴(あめ)で固めた「糖葫芦(タンフールー)」という素朴な駄菓子がある。冬の北京や中国・東北部の街中で見かける庶民の味。個人…