日商 Assist Biz

更新

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 めまぐるしい消費の風向き変化

即席麺消費量トップ5カ国

中国経済は上向きか、下向きか、分かりにくい状況が続いているが、庶民消費は明らかに大きな転換点に差し掛かっている。注目すべきは即席麺とビールだ。

世界ラーメン協会によると、2016年の中国の即席麺の消費量は385・2億食と前年比4・7%減。3年連続のマイナスで、ピークだった13年に比べると、2割近くも減った。確かに最近、駅や空港、観光地などで、買い求めたカップ麺に給湯器でお湯を注ぎ、かき込む中国の庶民の姿をあまり見かけなくなった。即席麺は最も割安な食事であることを考えれば、庶民の消費水準がステップを一段上がったことがうかがえる。

庶民のアルコール飲料の代表格のビールも消費が落ちている。15年の中国のビール消費量は前年比3・9%減。こちらも3年連続のマイナスだ。中国のビール市場は米国の2倍、世界の24%を占め、過去20年で急成長したが、庶民のビール離れが本格的に始まっている。中国のビール自体は品質、管理ともに水準は向上し、プレミアム系の商品も出ているが、どうも中国人には響いていないようだ。

消費減退の理由を探れば、一つは「健康志向」が浮かび上がる。中国では即席麺は依然としてフライ麺が中心で、油の摂取を減らそうと、即席麺離れが起きている。ビールも糖分、プリン体の過剰摂取を気にする中年男性が量を抑えている。

とすれば、日本企業の出番といえるだろう。日本の即席麺はノンフライ麺が中心で、味もご当地ラーメン、有名店シリーズなど多彩でハイレベル。ビールもプレミアムビールの味は世界トップクラスといって間違いない。中国市場には日本のビール各社は早くから進出したが、今は存在感が薄れた。量的拡大のステージで地場メーカーにふるい落とされた感があるが、今こそリベンジの時。韓国市場で過去3、4年の間に日本のビールが売り上げを急激に伸ばしたことから類推すれば、中国市場で日本の庶民向けの「プチ贅沢(ぜいたく)」「健康志向」の商品は新たな需要期を迎えている。即席麺、ビールほどの大型商品でなくとも、同じキーワードにかかってくる庶民向け商品は多い。

東南アジアでの傾向はバラバラだ。即席麺ではインドネシア、ベトナムが中国同様に13年から3年連続して消費量が減少した。だが、タイ、マレーシア、フィリピンでは着実に増えている。ただ、いずれ中国と同じ消費志向が現れてくる可能性は高い。ビジネスの鉱脈は露頭を見つけることが大切だ。

後藤 康浩(ごとう・やすひろ) 亜細亜大学 都市創造学部教授 早稲田大学政経学部卒、豪ボンド大学MBA取得。1984年日本経済新聞社入社、国際部、産業部のほかバーレーン、ロンドン、北京などに駐在。編集委員、論説委員、アジア部長などを歴任した。2016年4月から現職。アジアの産業、マクロ経済やモノづくり、エネルギー問題などが専門

次の記事

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 急速に広がるシェアリング・ビジネス

後藤康浩

自転車、自動車から宿泊施設までシェアリング・ビジネスがアジアのさまざまな都市で急拡大している。中国で米発祥の配車サービス、Uberを圧倒し、...

前の記事

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 再生可能エネルギーがアジアで新たな商機に

後藤康浩

日本では、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)により太陽光発電への投資のバブル化など問題も起きている。アジア全体を見渡せば、再生可...

関連記事

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 アジアの大食い礼賛文化の終わり 無料会員限定

後藤康浩

中国政府は、飲食店で大量に料理を注文し、食べ切れずに残したり、大食い競争の動画を配信したりする行為を禁止する「反食品浪費法」を施行した。...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 環境ビジネス次のステージへ

後藤康浩

地球温暖化対策として世界的に「カーボン・ニュートラル」を目指す動きが加速しているが、今、世界はもう一つ深刻な環境問題に直面している。マイ...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 揺れるアジアの繊維産業

後藤康浩

中国、バングラデシュ、ベトナムはじめアジア各国は世界の衣料品生産で圧倒的なシェアを占めている。2010年以降、人件費の上昇した中国から東南ア...