日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2019年7月21日号 神田玲子

先月開催されたG20で、日本政府は、ある国際的な議論をスタートさせることに成功した。ここ数年、一握りの巨大IT企業がネットを通じて得られた個人情報を囲い込んでいるが、そうさせないようにするためのデータ流通に関する議論だ。しかしその一方で、政府は、老後に必要となる貯蓄額が「2千万円」に上るという試算を躍起になってお蔵入りにした。「21世紀はデータ駆動型社会」といいつつ、自分たちの都合に合わないデータはもみ消そうとしている政府の姿は、滑稽である。

▼政府は、データが誰のためにあるのかを履き違えていないだろうか。IT企業に網をかけて、他の民間企業にデータを開示させることを目指しているとすれば、それは間違いだ。最も重要なことは、データを市民に公開することにほかならない。もっと自由に、そして無料でデータにアクセスすることができれば、市民は自分たちの生活を豊かにしていく行動を選択することができる。

▼例えば、「2千万円」という額を聞いて、コツコツ貯蓄をしようと心を入れ替えるかもしれない。また、道路や鉄道の情報のデータに、随時アクセスすることができれば、データを見ながら混雑を避けられる。あるいは、電力利用量を知ることで、環境に配慮した暮らしを選択するようにもなる。

▼このように市民から収集したデータは、市民に開放されることで、当事者意識を呼び起こし、社会の課題解決を早める。日々の生活の中で、人々がデータを使いこなしている姿が、21世紀にはふさわしい。「データ駆動型社会」をうたう政府は、社会を駆動するのは、データでもなく、ましてや政府でもなく、市民であることを肝に銘じるべきだ。

(NIRA総合研究開発機構理事・神田玲子)

次の記事

コラム石垣 2019年8月1日号 宇津井輝史

文章ラボ主宰・宇津井輝史

今年7月7日午後、一艘の丸木舟が台湾東岸を出航した。男女5人の漕ぎ手が乗り組む舟は全長7・6メートル。復元した石斧で切り倒した杉の木を石器でく...

前の記事

コラム石垣 2019年7月11日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表・中山文麿

最近、次世代通信規格の5Gを巡る動きが熱い。今年初め、米国と韓国の通信大手が5Gの商用サービスの一番乗りで争った。5Gは現行の4Gと比較して、通...

関連記事

コラム石垣 2021年10月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

来年に予定される韓国の大統領選では、有力候補の1人がベーシックインカム(最低限所得保障制度)の導入を主張している。日本でも選挙公約に盛り込...

コラム石垣 2021年9月21日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

観光にとって地域の文化財や文化資源の重要性は改めて指摘するまでもない。▼昨年5月に制定された文化観光推進法は、博物館・美術館などのミュージ...

コラム石垣 2021年9月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

人を外見で識別するのは顔である。コロナ禍では、顔という個人情報がマスクで守られる。顔は多くの動物にある。食物の摂取機能からみて顔の始まり...