100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 独自の味を守っていくために 素材から加工まで自分たちの手で

八幡屋礒五郎

長野県長野市

昭和27年、七代目が善光寺門前の一等地に、現在の本店を構えた

江戸の人気商品を善光寺でも

「牛に引かれて善光寺参り」で知られる長野市の善光寺の門前で、元文元(1736)年の創業以来、八幡屋礒五郎(やわたやいそごろう)280年にわたり〝七味唐からし〟の販売を続けている。現在の長野市西方にある鬼無里(きなさ)村出身の初代・室賀勘右衛門が、善光寺の堂庭(境内)で売ったのが始まりである。

「江戸のやげん堀が考案した七味唐辛子は、当時は七色唐辛子と呼ばれ、江戸ではすでに流行していました。鬼無里村は麻の産地で、善光寺近くに集積してから江戸に出荷していました。その際、商人たちが江戸からの帰りに七味唐辛子を仕入れて善光寺で売り始めて人気となったことから、初代勘右衛門も売り始めました」と、八幡屋礒五郎の九代目当主・室賀豊さんは言う。屋号の八幡屋礒五郎は創業時からのもので、室賀氏の源流が清和源氏であることから、源氏の頭領である源頼朝が崇敬した八幡宮から名前を取った。そして、初代勘右衛門が商いでは礒五郎と名乗っていたことから、この屋号がついたという。

「麻の実や唐辛子、さんしょうなど、必要な原料の多くは長野で栽培することができました。また、体を温める効果のあるしょうがを入れて、寒い長野の気候に合った味になっています。七味は原料が漢方薬の素材でもあることから、昔は体に良いものとされていました。そこで、体の具合が悪くなると善光寺にお参りに来て、七味を買って帰るという人が多かったようです。昔は歩いて来て歩いて帰ったので、軽くて日持ちする七味は買い求めやすかったのでしょう」

素材を独自の方法で加工

三代目の時代には、堂庭の中で最も場所の良い御高札(幕府の法令などを記した高札を掲示する場所)の前に店を張る特権が許され、客の注文によって7種類の原料を調合して販売していた。 「しかしそれでは時間が掛かりすぎるので、四代目からは大辛・中辛・小辛と3種類を前もって調合し、販売するようになりました。厳選して仕入れた素材を自分たちの独自の方法で加工し、それを調合して販売する。善光寺で小売もしていましたが、多くは他の店に土産物として卸していました」

八幡屋礒五郎のこだわりは、なるべく素材を生かし自分たちの手で加工すること。たとえば唐からしは、生の唐辛子を仕入れ、自社工場で焙煎(ばいせん)してから粉砕して粉にする。それはほかの素材も同じだ。「すでに粉になったものを買うこともできますし、そのほうが安い。しかしそれは絶対にやりません。見た目は同じでも、うちの味ではなくなってしまいますから」

現在、そのこだわりをさらに進め、原材料を自社で栽培する取り組みも始めている。「全量ではありませんが、平成19年に自社農場を設立し、今では長野県内の数カ所で、唐辛子、しそ、しょうが、さんしょう、ごまを栽培しています。より良い品質を求めてというだけでなく、これをすることで原材料を仕入れる際の鑑別眼も養われるからです。また最近は同業者も出てきているので、他社との差別化もできるように、調合サービスを復活させました」

工夫を重ね売上が10倍に

老舗として昔からのやり方を守るだけではなく、変えるべきところは変えることで、新たな展開も見せている。「以前は缶入りの七味は缶の中に直接入れていましたが、それでは密閉性が悪く、香りが逃げてしまい、虫も付きやすい。袋入りも昔は紙製で、通気性があるが、やはり香りが逃げてしまう。そこで20数年前に包材をビニールに変え、缶入りもビニールの袋に入れてから中に入れるようにしました。これにより賞味期限が長くなり、全国への流通に乗せることができるようになりました。そのため、土産物としてではなく一般的な食品としての取り扱いが増え、現在の売上は30年前と比べて約10倍にまでなりました」

また、善光寺の参道にある本店を20年に全面改装、店内には食事ができるカフェも併設した。さらには、それまで唐辛子関連の製品は七味と一味、ゆず七味の3種類だったところを、現在では全部で7種類に増やし、新たな製品も開発中だという。

「新幹線ができたことで長野に来る日帰り客が増え、参拝客の滞在時間が短くなりました。その対策として考え出したのです。店内で飲食できればそこで時間を使っていただけるし、商品構成を増やせばいろいろ見るために店内で過ごす時間も長くなります。今はもう、老舗だからといってお客さまが来てくれる時代ではない。今後も品質を追求し、新たな製品を開発していきます」 見た目は同じでも、八幡屋礒五郎の七味唐からしは、ほかとはまた一味も二味も違うのである。

プロフィール

社名:株式会社八幡屋礒五郎

所在地:長野県長野市柳町102-1

電話:026-232-3966

HP:http://www.yawataya.co.jp/

代表者:代表取締役社長 室賀 豊

創業:元文元(1736)年

従業員:79名(パート含む)

※月刊石垣2016年9月号に掲載された記事です。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 昔ながらの温泉旅館の良さを残しつつ 今の宿泊スタイルに合わせていく

鉛温泉株式会社

『雨ニモマケズ』や『銀河鉄道の夜』などで知られる宮沢賢治の故郷、岩手県花巻市には、古くから親しまれている温泉宿がいくつもある。その中の一...

前の記事

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 昔からのお客さまを大切にしながら細く長くやっていきたい

株式会社蔦金商店

のり問屋のつた金が横浜の地で創業したのは明治27(1894)年、横浜港に鉄さん橋(現在の大さん橋埠頭(ふとう))が完成した年だった。つた金の初代...

関連記事

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 100%受注生産で顧客の要望に全て応えグローバルニッチトップのものづくりを世界へ 無料会員限定

株式会社サイカワ

伸線機メーカーのサイカワは、新潟県沿岸部の柏崎市にある。伸線機とは金属線を引き伸ばして電線を製造する機械で、その電線は大小さまざまな機器...

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 印刷業で培ってきたノウハウを生かし震災に負けない宮古の情報発信に力を注ぐ

花坂印刷工業株式会社

岩手県の三陸海岸沿いにある宮古市は、江戸時代初期の1615年には盛岡藩の藩港が築かれるなど、港を中心に発展してきた。このまちで花坂印刷工業は...

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 石灰石という限られた資源を有効に使い高付加価値製品の開発と多角化で次の世代へ

古手川産業株式会社

大分県の沿岸部にある津久見市は、国内屈指の良質な石灰石を産出することで知られる。その地で古手川産業は、100年以上にわたり石灰関連の事業を行...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする