日商 Assist Biz

更新

リーダーの横顔 歴史を生かして、 中心市街地活性化を推進 太田 明

加茂商工会議所会頭 新潟紙器工業株式会社 代表取締役社長 太田 明 事業内容:ダンボールシート・箱の製造販売/発砲スチロール製造販売/食品事業/加茂唐シリーズ製造販売 趣味:ワイン収集、そば食べ歩き

越後の小京都、加茂市は新潟県のほぼ中央に位置し、代表的産業である伝統工芸品の桐たんすを生産する小さな地方都市です。ピーク時の人口は約3万8千人でしたが、現在では2万8千人と減少が続いています。

私は加茂で生まれ育ち大学進学と見習い修業の6年間を東京で過ごしたほかは、大半を加茂で過ごしています。そのまちがだんだんと小さくなり、空き地が増えていくのを見ると寂しくてなりません。

私の父は昭和37年に当社を設立し、38歳で創業社長になりました。長男で二代目の私は昭和47年に入社し、現在に至っています。その私が39歳のとき、父が突然「加茂市長に立候補する」と言い出し、家族は大騒ぎ。反対を押し切って出馬すると、結果は見事無投票当選でした。さあ、私は大変です。39歳の青二才に社長をやれとは無茶な話で、自分の能力の無さをいやというほど知らされての社長業スタートとなりました。

そして、まもなく私は常議員に推薦されますが、商工会議所の何たるかも分からないままの親の七光り議員でした。

私は父と同居していましたので、市長在任の8年間には、しばしばまちづくりの話で激論を戦わせました。父は数々の政治改革を成し遂げましたが、中でも一番大きなプロジェクトが大学の設置でした。小さな市にとって四年制大学の設置は難しいテーマでしたが、見事やり抜き『新潟経営大学』が誕生しました。行政のトップリーダーが夢を描き、大勢の人の協力を得ながら夢を実現していく姿に感動したものです。

私など父の足元にも及びません。ただただ人口減少を嘆いているだけではなく、地域社会に将来ビジョンを掲げて、その夢の実現に努力することこそが、社会がリーダーに求めていることではないかと最近思うようになりました。

加茂商工会議所は、中心市街地の活性化として歴史によるまちおこしを行っています。戊辰戦争のとき、河井継之助が加茂に現れ、軍議を開いて奥羽越列藩同盟を結成します。この史実を1冊の本『越後戊辰戦争と加茂軍議』としてまとめ全国販売にこぎ着けました。まち歩きをしながら加茂の歴史を楽しんでもらうためです。

当所は全国でも規模の小さな商工会議所の一つですが、大勢の人に訪れていただけることを夢みて、また、地域社会の将来を考え続ける先鋭的な商工会議所でありたいとの思いで日常業務に励んでいます。

次の記事

福島県 須賀川商工会議所

福島県は、会津、中通り、浜通りの3つの地方に分けられますが、須賀川市は中通り地方のほぼ中央にあります。江戸時代には奥州街道有数の宿場町、米や生糸などの集散地としてに…

前の記事

和歌山県 新宮商工会議所

平成16年に世界遺産登録された「熊野」。私の街・和歌山県新宮市は、県南部と三重県南部の4市10町1村にまたがっております熊野地域の中心都市の一つです。熊野は、かつて中世に…

関連記事

島根県 松江商工会議所

「ぜひ会頭になってくれ」との相談をいただき、目を丸くした時が39歳。就任時40歳、現在41歳という全国でも異例の若さで会頭に就任いたしました。砂鉄から和鉄をつくるたたら製…

栃木県 真岡商工会議所

「真岡(もおか)」という地名の由来は諸説あり、一つには「ツルが舞う丘」から「舞丘(まいおか)」と呼ばれ、いつしか「真岡」と書かれるようになったともいわれています。その読…

石川県 金沢商工会議所

毎年、東京の国立新美術館で開催される「日展」を楽しみに鑑賞しておられる方も多いと思いますが、その日展で、石川県が人口100万人当たりの入選者数80・2人で全国トップだとい…