日商 Assist Biz

更新

リーダーの横顔 地域と共に、地域のために 地元の潜在力を発掘、発信 宮本 知治

苫小牧商工会議所会頭 株式会社苫小牧民報社 代表取締役議長 宮本 知治 事業内容:日刊新聞発行 マラソン、朝野球、ゴルフなどのスポーツ大会のほか、学級新聞コンクール、新春ジャズコンサートの主催など 趣味:旅行、ゴルフ

北風のとき、北海道の新千歳空港へ向かう飛行機は太平洋側から高度を下げていきます。陸地を捉えて、まず目に付くのが紅白の煙突2本。王子製紙苫小牧工場です。さらに目を凝らすと、90基のタンク群とおびただしい数のソーラーパネルが眼下に広がります。タンクは原油の国家備蓄基地で、備蓄量は日本一。パネルは太陽光発電所。ほかに製油所があり、隣の厚真町には火力発電所。また、二酸化炭素(CO2)を地層に閉じ込める新技術CCSの実証実験も太平洋沿岸の海底で始まっており、苫小牧市とその周辺は日本のエネルギー拠点の一つといえるでしょう。

私どもの苫小牧民報は、そんな苫小牧市を中心に、北は新千歳空港、札幌市、東は馬産地・温泉地が広がる日高と襟裳岬、西は登別・室蘭までの太平洋岸を取材エリアとするローカル紙です。

創刊は昭和25年。以来、国内初の掘り込み式の港の誕生(38年)、札幌冬季五輪(47年)、元号の移行に立ち会い、熱狂した駒大苫小牧高校の夏の甲子園連覇は平成16、17年。その歴史のすべてを記録してきました。合言葉は「地域と共に、地域のために」。出発点は常にここにあります。

私は、17年に社長に就任し、現在は会長職に相当する議長を務めています。亡き父が初代社長だった縁はあったものの、マスコミ界は初めてでした。この「新聞素人」を強みとし、お客さまである読者の目線での経営を常に心掛けてきました。そして、生まれ育った大好きな苫小牧の魅力や潜在力を発掘し、紙面を通じて発信しています。

苫小牧は、寒冷・豪雪のイメージが強い北海道にあって雪は少なく、気温も氷点下2桁になる日は数えるほど。道内では温暖な気候ながら、「氷都」「アイスホッケーの街」と胸を張っております。市の貝であるホッキ貝の水揚げ日本一は意外と知られていない自慢の一つです。

また、1万ヘクタールの工業基地「苫東」は、重厚長大型の工業基地を目指した国家的プロジェクトです。その工業基地に最近、トマトやベビーリーフ、イチゴの生産工場が相次ぎ進出しました。夏にはソバの製粉工場もできます。これらの工場では、CCSで閉じ込めたCO2を活用しています。さらに車のテストコースでは、次世代の燃料電池車開発が始まろうとしています。

あすの技術が息づく苫小牧。タンク群、発電所、港湾、製油所などをつなぐ観光ルートは新しい時代をのぞくことができます。

次の記事

リーダーの横顔 “信頼と誠実”をモットーに 近藤 宏章

徳島県 徳島商工会議所

皆さんは、「讃岐男に阿波女」という言葉をご存じでしょうか。阿波(徳島)の女性は、よく働き、しっかり者、嫁にもらうなら徳島の女性を、という...

前の記事

リーダーの横顔 “神は細部に宿る”こそ 建築の神髄 寺島 順一

群馬県 渋川商工会議所

渋川市は、日本のほぼ中心に位置し、伊香保温泉、草津温泉などへの玄関口としての役割を併せ持つ交通の要衝として栄えたまちです。昭和初期には、...

関連記事

リーダーの横顔 「心豊かな暮らし」を次世代へつなぐ 無料会員限定

熊本県 本渡商工会議所

熊本県の西端に位置する天草。有明海・八代海・東シナ海の三つの海に囲まれ、その豊かな恵みによって海と人が共生しています。新鮮な魚介類に加え...

リーダーの横顔 これからは秋田の時代

秋田県 秋田商工会議所

秋田市の港町、土崎に生まれ、高校時代まで過ごしました。高校時代はラグビーを通してさまざまなものを得たと思っています。練習は痛くて、つらい...

リーダーの横顔 継続は力なり

三重県 鈴鹿商工会議所

鈴鹿市は名古屋市の南方約40㎞に位置し、東に伊勢湾、西に鈴鹿山脈と恵まれた自然環境の中にあり、伝統と歴史と文化に育まれた産業都市です。戦後...