日商 Assist Biz

更新

情熱ぴーぷる 第12回女性起業家大賞・スタートアップ部門 特別賞

介護の仕事に「やりがい」と「誇り」を

ベストパートナー介護株式会社 代表取締役社長 山本 美穂

介護人材教育、介護起業支援などを実施し、県内初の介護職員初任者研修認可事業所に

ベストパートナー介護株式会社 代表取締役社長 山本 美穂

「人は宝」をモットーに介護者の心を育てたい

早くに夫が病死し、看護師として15年、その後は介護支援専門員として働きながら3人の子どもを育て、40代で起業しました。遅いスタートだったかもしれませんが、この年齢だからこそクリアできたことも多く、今では回り道をして良かったと思っています。

起業当初のメーン事業は、介護コンサルタントとしての介護事業所の創業支援でした。その中で社員の研修業務などに関わるうち、強く感じるようになったのが〝人は宝〟ということ。〝人財=実際に介護を行う人材〟の質が良くなければ、どんなに良い介護事業所を目指しても限界があるのです。

そこで立ち上げたのが、職業訓練校「ベストケアスクール」です。ただ資格を取るだけではなく、介護の仕事にやりがいと誇りを持ち、プロとして働ける人材を育てることを目標にした学校で、現在では公共職業訓練実施校として県内初の介護職員初任者研修(旧・訪問介護員養成研修)を行っています。研修時間は通常の3倍ですが、生徒はテキスト代のみの負担で受講できるほか、カリキュラムには職業能力基礎訓練やビジネスマナー、パソコン、介護事務などの就職支援も含まれています。

当校で何よりも大切にしているのが〝心〟を育てること。介護はとても大変な仕事です。ただの作業になってしまえば、やりがいも感じられず、忙しさに消耗してしまいます。〝傾聴〟という言葉があるように、相手の話をただ聞くのではなく、全てに注意を払い、より深く、丁寧に耳を傾けることで、相手の伝えたいことを言葉以外からもくみ取る。技術とともに、そんな介護者に必要不可欠な心を私たちは教えているのです。

おかげさまで、介護の心を胸に巣立った1000人近い卒業生の就職率はほぼ100%と、大変うれしい結果となっています。離職率も非常に低く、採用した事業所からは、今後も継続して当校の卒業生を迎えたい、と高い評価をいただいています。

教育事業で地域活性

日立市内も他の地方都市と同様に高齢化が進み、商店街は空き店舗ばかりが目立つ状況です。そこで、今年7月、当校の日立校を商店街の真ん中に移転させました。生徒により良い環境を提供すると同時に、少しでも地域の活性化に貢献できれば、と考えたのです。介護を学ぶ生徒と高齢者、商店街の住民が、何かの形でつながっていけることを願っています。また、学校としては、卒業生がさらに上位の資格を取得できるよう、より高度な研修を取り入れることを目指しています。

日立商工会議所には、全国でも珍しい女性起業家たちの交流グループ「みゅーずnet」があり、私は会長を務めています。会員数は約50人、来年10周年を迎えます。

将来的には、グループのネットワークを生かしてメンバーが相互に連携できる体制を強化し、事業内容をますますレベルアップしていきたいと思います。

会社データ

社名:ベストパートナー介護株式会社

所在地:茨城県日立市

創業:平成21年

事業概要:介護総合事業(介護・その他の職業訓練、通所介護事業所の運営など)

※月刊石垣2014年8月号に掲載された記事です。

次の記事

リリーアンドデイジー株式会社

12年間務めた大手電気通信会社を退職し、妊娠・出産を経験。長女が1歳を迎えたのを機に再就職を試みましたが、幼い子を抱えた母親がフルタイムの職に就く難しさを痛感し、起業…

前の記事

株式会社エヌ・ツー・エンジニアリング

平成21年、リーマンショックの影響もあり、主人と私が営んでいた会社で大幅な人員整理を行いました。特に、精密機器の派遣・請負部門での削減を余儀なくされました。従業員に契…

関連記事

株式会社言語生活サポートセンター

失語症は「話す、聞いて理解する、読んで理解する、文字を書く、計算する」など、人間のコミュニケーション能力全般の障がい要因となる脳卒中や脳外傷などの後遺症で、脳の中枢…

Babydoor株式会社

私が20代後半に差しかかったころ、子育てを始める友人たちの様子を見る中で「子育て」にはさまざまな課題があり、複雑かつ繊細な問題も含まれているということを実感しました。…

パレスチナ・アマル

私が初めてパレスチナを訪れたのは、1999年の冬でした。友人からの紹介で、医療系NGOのボランティアとして、ガザの赤新月社(赤十字)のリハビリセンターで活動しました。そこ…