日商 Assist Biz

更新

リーダーの横顔 社員が子どもを 入れたい会社になる 小手川 強二

臼杵商工会議所会頭 フンドーキン醤油株式会社 代表取締役社長 小手川 強二 事業内容:醤油、味噌の醸造業のほかドレッシングなど調味料の製造販売を手掛けている 趣味:将棋。三段の腕前

臼杵市は、東九州中部に位置しています。気候は温暖でリアス式海岸に囲まれており、風光明媚な所です。古くは大友宗麟の城下町として南蛮貿易で栄えました。また、「デ・リーフデ号」の到着によりオランダとの交流が始まる契機となるなどキリスト教や南蛮文化との関係が深いまちです。

このような歴史を背景に産業も古くから醤油・味噌や清酒・焼酎の醸造業が発展し、近代では造船業を基幹産業とし発展してきた工業都市でもあります。最近では国宝「臼杵石仏」や古いまち並みとともに、「臼杵ふぐ」をはじめとした「食」も脚光を浴びており、観光客が増加しています。

当社は文久元(1861)年に創業しました。もともとは小手川酒造の分家として、醤油、味噌の製造、販売をしていました。戦中・戦後の苦難の時を経て、高度成長期にヒット商品を市場に送り出すことができました。これにより、九州のトップメーカーとなりましたが、昭和50年代に入ると、醤油、味噌のマーケットが飽和、縮小。このままではいけないと考え、ドレッシングなどの周辺調味料にチャレンジしました。現在では、醤油、味噌、ドレッシング、その他調味料が、それぞれ売上の四分の一になるまで成長しました。

当社には、作家の野上弥生子さん(二代目金次郎の姉です)の3つの訓えが残っています。「お味噌の味はよいですか」「お給料は充分ですか」「銀行の借入金は減りましたか」というものです。これは歴代社長に対する質問ですが、今は、経営者への戒めの言葉として掲げています。

私は、中学、高校、大学と足かけ10年間、陸上競技に打ち込みました。臼杵西中学の同窓生には、後年旭化成で双子のマラソンランナーとして活躍した宗兄弟がいます。彼らが「世界を目指す」と言っていたのが、大変印象的でした。

社会人としては9年間、日本開発銀行(現日本政策投資銀行)にお世話になりました。銀行では、社会人としてのイロハに加えて、業界分析、財務分析など企業の見方を教わることができ、経営者として貴重な経験を積むことができました。

来年、社長として30年を迎えます。当社は、「社員が子どもを入れたい会社になる」をモットーにしています。今後も地域に貢献できる会社であり続けたいと思います。

次の記事

リーダーの横顔 自らが率先して行動する 稲田 精治

静岡県 三島商工会議所

伊豆半島が、この9月に世界ジオパークに正式推薦されることになりました。静岡県三島市は、その伊豆半島の玄関口に位置しています。富士山に降った...

前の記事

リーダーの横顔 地元の英雄を 活性化につなげる 廣田 勝

高知県 土佐清水商工会議所

高知県土佐清水市は、四国の南西部に位置しています。空港、高速道路、鉄道などがなく、日本で一番不便かもしれませんが、青い空・海などの豊かな...

関連記事

リーダーの横顔 「心豊かな暮らし」を次世代へつなぐ 無料会員限定

熊本県 本渡商工会議所

熊本県の西端に位置する天草。有明海・八代海・東シナ海の三つの海に囲まれ、その豊かな恵みによって海と人が共生しています。新鮮な魚介類に加え...

リーダーの横顔 これからは秋田の時代

秋田県 秋田商工会議所

秋田市の港町、土崎に生まれ、高校時代まで過ごしました。高校時代はラグビーを通してさまざまなものを得たと思っています。練習は痛くて、つらい...

リーダーの横顔 継続は力なり

三重県 鈴鹿商工会議所

鈴鹿市は名古屋市の南方約40㎞に位置し、東に伊勢湾、西に鈴鹿山脈と恵まれた自然環境の中にあり、伝統と歴史と文化に育まれた産業都市です。戦後...