日商 Assist Biz

更新

リーダーの横顔 高品質のデニムで勝負 川井 眞治

井原商工会議所会頭 日本綿布株式会社 代表取締役社長 川井 眞治 事業内容:デニム・先染め服地製造販売 日本のメーカーが海外で成功する秘訣は他国では絶対真似できない“品質”。ハイクオリティーなもので世界と戦うと語る

井原地域は、豊富な水と温暖な気候に恵まれ、古くから綿花・藍の栽培が盛んでした。そのため、織物業が発達し、藍染め厚地織物が特産として全国に広まっていきました。昭和40年ころからは、先染めデニムの生産が活況を呈し、一時は日本のジーンズの70%を生産するまでになりました。しかし、円安の進行や単価の安い海外製品の流入などにより産地としては縮小してしまいました。ただ、現在でも当地には伝統の技が集積しており、井原のデニムは海外ブランドからも高い評価を得ています。

当社は大正6(1917)年に創業。私は昭和49年、大学を卒業してすぐに入社しました。教授からは、「5年か10年、ほかの企業で働いた方がよい」と言われましたが、あのときに井原に戻ってきて本当によかったと思います。産地の衰退を肌で感じることができましたから。特にプラザ合意のあった60年は急激に円高が進み、合成繊維を海外に輸出していた企業の多くが廃業に追い込まれました。

そんなとき、イタリア・トスカーナの光景を見て、がく然としました。コストの安い産地が台頭し、分業制だった織屋の大半が廃業に追い込まれていたのです。残っていたのはわずか5社だけ。そして、その全てが一貫生産できる設備を有していたのです。近い将来、同じことが日本でも起きると思い、すぐに設備投資を進めました。現在の組合加盟社数は15。あの選択は間違っていなかったと思います。

当社が本格的にデニム生産に参入したのはかなり遅い60年ころ。アパレルブランドで働く友人からデニムの話を聞いたことがきっかけでした。当時、デニムはすでに高速織り機で大量生産されていましたが、当社の持っていた旧型の織り機を使うことで、オンリーワンの高付加価値の製品をつくることができることが分かったのです。周回遅れのスタートだったからこそ、新しい道を切り開くことができたのかもしれません。

今後は、これまで以上に海外向けの商品開発、販路開拓に力を入れていく予定です。海外でも当社は高品質なもので勝負するつもりですし、現在もオーガニック・コットン(有機栽培綿)の認証、オーガニック・テキスタイル(GOTS)に挑戦しているほか、さらなる付加価値を生み出すべく、努力を重ねています。こうしたことから生み出される安心感こそが他国との違いになると信じています。

次の記事

リーダーの横顔 地元の英雄を 活性化につなげる 廣田 勝

高知県 土佐清水商工会議所

高知県土佐清水市は、四国の南西部に位置しています。空港、高速道路、鉄道などがなく、日本で一番不便かもしれませんが、青い空・海などの豊かな...

前の記事

リーダーの横顔 「育てる」をテーマに 伝統を積み重ねる 辰馬 章夫

兵庫県 西宮商工会議所

西宮市は9つもの大学・短期大学があるなど優れた教育・住環境を強みとしています。また、市内には皆さまご存知の阪神甲子園球場があります。加えて...

関連記事

リーダーの横顔 これからは秋田の時代

秋田県 秋田商工会議所

秋田市の港町、土崎に生まれ、高校時代まで過ごしました。高校時代はラグビーを通してさまざまなものを得たと思っています。練習は痛くて、つらい...

リーダーの横顔 継続は力なり

三重県 鈴鹿商工会議所

鈴鹿市は名古屋市の南方約40㎞に位置し、東に伊勢湾、西に鈴鹿山脈と恵まれた自然環境の中にあり、伝統と歴史と文化に育まれた産業都市です。戦後...

リーダーの横顔 自社事業を定義する

岡山県 玉野商工会議所

岡山県の最も南に位置する玉野市。30年ほど前までは、玉野市は本州と四国(高松市)を結ぶ宇高国道フェリーの四国への玄関口として栄え、また三井...