日商 Assist Biz

更新

ビジネスを救うお助けご飯 きのこの炊き込みごはん

きのこの炊き込みごはん

お腹が空いたときは間食ではなく“補食”を

食欲の秋は、ついつい食べ過ぎてしまいがち。このまま年末年始の宴会シーズンに突入してしまったら大変です。「間食=甘い物」とするのではなく、「間食=外食で不足しがちな栄養を取る〝補食〟」と考えてみましょう。

外食が多いと野菜不足になりがちです。一方で、糖質は麺やパンなど、外食でも多く取ることができます。もし、糖分と脂肪分の塊のようなお菓子も食べたら……。お腹回りが大きくなっても不思議ではないですよね。

そこで、補食に具だくさんのおにぎりをおすすめします。「米だから糖質も含むではないか!」と思われるかもしれませんが、旬のきのこをたっぷり加えれば、その分お米の量を減らすことができます。よく噛んでゆっくり食べることができるので、食べ過ぎも防げます。おにぎりであれば、持ち運びもしやすく、職場でもささっと食べられますよね。

間食を選ぶときは、カロリー重視にならないように気を付けましょう。本当に食べたいものでないと、気持ちが満足せずダラダラと食べ続けてしまうケースも少なくありません。日常の間食は〝補食〟として、〝本当に食べたいもの〟をご褒美として、心の栄養のつもりで食べてくださいね。温かい飲み物を添えると、少量で満足感を高められますよ。

きのこの炊き込みごはん

材料(つくりやすい分量・おにぎり8個分)

米…2合

えのきたけ…1パック

しいたけ…4枚

油揚げ…1枚

[A]

しょうゆ…大さじ2、酒…大さじ2、水…1と1/2カップ

つくり方

①えのきたけは石づきを取って4等分に切り、しいたけは薄くスライスに、油揚げは縦に4等分にしてから4㎜幅にスライスする

②炊飯器にといだお米、Aを入れたら、①をのせ、早炊きモードで炊く

③炊き上がったらよく混ぜ、粗熱がとれたらおにぎりにする(きのこが多い分、崩れやすいので、かたく結ぶ)

ワンポイントアドバイス

朝 サンドイッチ

10時の間食 チョコレート

昼 パスタ

16時の間食 クッキー6枚、チョコ4粒

夜 ごはん、秋刀魚の塩焼き、サラダ、みそ汁

ダラダラではなく一点集中!

体に良さそうなものやちょっとしたおやつなどは、無意識のうちに食べ過ぎてしまいがちです。間食は一点集中or豪華主義で、左記のようなダラダラ食べを防ぎましょう。

※月刊石垣2014年10月号に掲載された記事です。

次の記事

ビジネスを救うお助けご飯 アサリのみそ汁

笠井奈津子

ストレスがたまると、物事を客観的に捉えられなくなったり、決断力が落ちたりと、疲れが生じやすくなります。大事な勝負に万全の態勢で臨むために...

前の記事

ビジネスを救うお助けご飯 ストックできる混ぜご飯の素

笠井奈津子

タバコがなかなかやめられない……というビジネスマンの中には「タバコを吸うと思考がすっきりした感覚が得られる」と言う人がいます。それは、タ...

関連記事

ビジネスを救うお助けご飯 しみじみおいしい高野豆腐の含め煮

笠井奈津子

骨粗しょう症の対策といえば、カルシウムの摂取が一般的にはよく知られているのではないでしょうか。にもかかわらず、日本人の多くがカルシウム不...

ビジネスを救うお助けご飯 フライパンひとつでできるかんたん明太豆腐パスタ

笠井奈津子

免疫力を高める働きがあるβ-カロテンやビタミンCは、緑黄色野菜に多く含まれます。しかし、免疫細胞の材料となるたんぱく質は、主菜に多く含まれ...

ビジネスを救うお助けご飯 余ったお餅でとろ~り鮭グラタン

笠井奈津子

同じ室温でも、それを「適温」と感じる人もいれば、「寒い」と感じる人もいます。冬以外の季節にも手足に冷えを感じるようであれば、血行を良くす...