日商 Assist Biz

更新

ビジネスを救うお助けご飯 アサリのみそ汁

アサリのみそ汁

大事な勝負の決め手は食にあり

ストレスがたまると、物事を客観的に捉えられなくなったり、決断力が落ちたりと、疲れが生じやすくなります。大事な勝負に万全の態勢で臨むために、ストレス対処に必要な栄養素となるタンパク質やビタミンCを十分に補給しましょう。

動物性脂肪の取り過ぎにならないよう、低脂肪高タンパクのものを上手に取ることが大切です。そこで、頼もしいサポーターになってくれるのが魚介類。特に、アサリは低カロリーの上に、肝機能を向上させるタウリンを豊富に含むので、お酒を飲む機会が多いビジネスマンにおすすめです。砂抜きなど手間が掛かりそうですが、調理自体は簡単です。汁物にすれば、溶け出た栄養を丸ごと食べられますし、具にネギを加えればビタミンCを豊富に含むので、とても効率的な一品になります。

食は日頃の積み重ねが大事ですが、ここぞという日は朝食の食べ方に気を付けましょう。主食をごはんにすると、よく噛むことで気持ちが落ち着き、汁物で体を温めると血行がよくなって顔色も明るくなります。生野菜や果物でビタミンCを補充して、緊張からくるストレスへの抵抗力を高めましょう。ぜひ「食事で体を整える」ことを実践してみてください。

アサリのみそ汁

材料(つくりやすい分量)

アサリ(殻つき、砂抜きしたもの)…400g

みそ…大さじ2

酒…大さじ1

長ネギ…1/2本分

つくり方

①塩水で砂抜きしたアサリは、殻をこすり合わせて洗い、汚れを除きます

②鍋にアサリと小口切りにしたネギ、水4と1/4カップを入れて中火にかけ、煮立ったら弱火にしてアクを取り除きます

③アサリの口が開いたら酒を加え、みそを溶き入れ、一煮して火を止めて出来上がりです

ワンポイントアドバイス

朝 蒸しパン、ヨーグルト

昼 そば

夜 ごはん、みそ汁、サンマの塩焼き、大根おろし

“噛む”食事が大切です

緊張が高まると、パンやそばなど、手軽に食べやすいものに手が伸びがちです。落ち着いた気持ちで勝負に臨むには、栄養と、“噛む”ことを意識しましょう。

※月刊石垣2014年11月号に掲載された記事です。

次の記事

ビジネスを救うお助けご飯 ツナとアボカドのサンドイッチ

笠井奈津子

多くのビジネスマンが朝食を抜いていたり、食事と食事の間がすごく空いていたりと、不規則な食事傾向にあります。中には「食事をとると眠くなるの...

前の記事

ビジネスを救うお助けご飯 きのこの炊き込みごはん

笠井奈津子

食欲の秋は、ついつい食べ過ぎてしまいがち。このまま年末年始の宴会シーズンに突入してしまったら大変です。「間食=甘い物」とするのではなく、...

関連記事

ビジネスを救うお助けご飯 しみじみおいしい高野豆腐の含め煮

笠井奈津子

骨粗しょう症の対策といえば、カルシウムの摂取が一般的にはよく知られているのではないでしょうか。にもかかわらず、日本人の多くがカルシウム不...

ビジネスを救うお助けご飯 フライパンひとつでできるかんたん明太豆腐パスタ

笠井奈津子

免疫力を高める働きがあるβ-カロテンやビタミンCは、緑黄色野菜に多く含まれます。しかし、免疫細胞の材料となるたんぱく質は、主菜に多く含まれ...

ビジネスを救うお助けご飯 余ったお餅でとろ~り鮭グラタン

笠井奈津子

同じ室温でも、それを「適温」と感じる人もいれば、「寒い」と感じる人もいます。冬以外の季節にも手足に冷えを感じるようであれば、血行を良くす...