日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2015年6月1日号 宇津井輝史

西アフリカで猛威を振るったエボラ出血熱だが、世界保健機関(WHO)は先月、リベリアでの終息を宣言した。ギニアやシエラレオネでも国際的な努力が続く。

▼流行は2013年12月にギニアで始まった。いかなるウイルスも自己増殖ができないから、彼らは侵入した生物の細胞が増殖する仕組みに便乗する。ヒトの体内で増えたエボラウイルスは肝臓や腎臓の機能を破壊する。治療薬はまだない。

▼人類の歴史は得体の知れない病との闘いだった。原因や治療法が分からない未知の奇病が人々を絶え間なく襲った。いまでこそ対処できるペストも、中世ヨーロッパの人々には悪魔がもたらした災禍としか思えなかった。患者が出ると、神にとりなしてもらおうと司祭を呼んだ。14世紀の欧州は、この黒死病で人口の4分の1を失った。市民の7割が死亡した都市もある。見えない病原菌とは闘いようがなかったのである。

▼ペストをはじめ、天然痘、マラリア、コレラなどの感染症は、もともと動物に特有の病気だったが、いまでは人間だけに感染するやっかいな敵である。ウイルスの目的は他の生物と同様、子孫を残すことにある。感染者が起こす下痢や咳は、子孫をばらまくウイルスの戦略だ。感染したヒトを殺すのはウイルスの自殺行為だが、効率よく感染させればウイルス全体としてモトがとれる。

▼動物から人間に感染するようになったのは、人口が増え、文明が自然を侵食し、ヒトと動物の接触領域が広がったためである。エボラウイルスも自然宿主は熱帯に生息するオオコウモリと考えられている。医学という学問体系に支えられた医療技術は、新たな敵を撲滅させうる文明だが、敵をつくるのもまた人類の文明なのである。

(文章ラボ主宰・宇津井輝史)

次の記事

公益社団法人日本観光振興協会総合研究所長・丁野朗

訪日外国人客が急増している。2013年は念願の1千万人を突破し、大きな話題になったが、昨年はさらに1341万人と2年連続で過去最高を記録した。この勢いは今年に入ってからも持続…

前の記事

神田玲子・総合研究開発機構研究調査理事

20世紀は大都市の時代だった。人口が増加し、多くの人が職を求めて都市に集まり、大都市が誕生した。道路、電力、鉄道などの生活インフラが張り巡らされ、都会に移り住んだ人々…

関連記事

コラムニスト 宇津井輝史

外出自粛が奨励され、静かなときを過ごす機会が多い昨今である。いつか読もうと思っていた本に手が伸びる。時間をかけて読みふけるのもいいが、こんなときは心に沁みる詩を味わ…

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

「人手が足りない」という弁解を聞くことが多い。日本は人口減少の危機に直面していると再三聞かされているうちに、「人手不足」という言葉が免罪符になると誤解しているようだ…

政治経済社会研究所代表 中山文麿

中国の習近平国家主席は尖閣諸島を台湾と同じく核心的利益と位置付けている。同氏は国家主席の定年制を撤廃して終身任務に就くことを可能とし、国民に「中国の夢」を語り、建国…