日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2015年3月11日号 中山文麿

『21世紀の資本』という本が世界的に評判になっている。この本は2006年に創立されたパリ経済学校のトマ・ピケティ教授が出版したものだ。

▼同教授は、主要国の過去200年の税務データを分析して資本の収益率rが4~5%で経済成長率gの1~2%を上回っている(r>g)ことを示した。そして、この傾向が今後も継続するとしている。

▼従来、1971年ノーベル賞を受賞したクズネッツ教授による1913年~50年の米国経済の研究によって、経済成長率の方が上回っていると考えられていた。しかし、ピケティ教授は、これは大恐慌と二度の世界大戦によって資本が大きく毀損(きそん)したことによって生じた特殊なケースだとしている。

▼また、ピケティ教授は主要国の所得階層別、例えば、2010年のアメリカの所得上位10%の層は全体の70%を占めていることや、上位1%の人が16%を得ていることを示した。

▼このような大きな所得格差は、11年にウォール街で発生した金融業界経営者の強欲な報酬に対するデモ隊の「われわれは99%だ」という理論的支えとなった。

▼彼は、ある程度の格差はイノベーションのためにも必要だとしている。ただ、資本収益はいわば不労所得、経済成長は労働所得を表しており、いき過ぎた格差は民主主義を破壊するものだとしている。

▼また、レーガン政権時に唱えられたトリクルダウン説は市場任せでは起こり得ないことや、国境を越えて資本に課税するグローバル資本課税のようなものを導入すべきだともしている。

▼わが国においても、格差是正に適切に対処するとともに、イノベーションが起こる環境を整えながら着実な経済成長を目指したいものである。

(中山文麿・政治経済社会研究所代表)

次の記事

神田玲子・総合研究開発機構研究調査理事

人々の生活ぶりは、経済の影響を大きく受ける。しかし実は、生活を左右するのは景気ではなく、経済政策だという。▼ギリシャでは、緊縮財政による社会保障給付の大幅な削減で多…

前の記事

時事通信社経理局長・中村恒夫

「消費税率の引き上げでどうなることかと心配しましたが、むしろ売上は伸びました」──。西日本のある県でサービス業を展開する中堅企業の取締役は笑顔で話した。その背景には一…

関連記事

観光未来プランナー 丁野朗

もう何度目かの訪問となるが、3月半ば、福井県の九頭竜川上流域にある勝山市の平泉寺白山神社を訪ねた。平泉寺は、717(養老元)年に泰澄によって開かれた1300年の歴史を持つ古…

コラムニスト 宇津井輝史

インドでは街中を牛が闊歩する。神の使いゆえ、クラクションを鳴らしてはいけない。一方デリーのような大都会で猿が走り回り、生活圏でトラの恐怖と隣り合わせのインドは野生の…

都市にも「逆転」は起こり得る。パリの中央部をゆったりと流れるセーヌ川。今でこそ観光客でにぎわう名所だが、19世紀半ば頃は、異臭が立ち込めるコレラ菌の発生源であった。当…