日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 冬季アジア大会を応援 幅広い活動で競技支える

まちなか応援会場

2月19~26日に開催された「2017冬季アジア札幌大会」。大会期間中の20~23日の4日間、スピードスケート競技が帯広で開催され、平成21年にオープンした屋内スピードスケート場「帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)」で熱戦が繰り広げられた。今回大会の帯広開催に当たり、帯広商工会議所(北海道)が事務局を務める「2017冬季アジア札幌大会帯広開催を応援する会」は、大会を盛り上げるためさまざまな取り組みを実施した。

大会開催80日前の昨年12月2日には、開催に向けた機運醸成とPRのためカウントダウンパネルを市内6カ所に設置。選手を歓迎するため、とかち帯広空港に歓迎看板、帯広市中心部にも歓迎フラッグを設置した。また、地元住民ら2400人が写真と共に各国選手への応援メッセージを記したウエルカムボードをスピードスケート競技会場の十勝オーバル入り口横に設置した。

まち中でも競技を楽しめるよう、まちなか応援会場(パブリックビューイング)として、とかちプラザ1階アトリウムに観戦会場を設け、NHK帯広放送局の協力を得て、BS1(ライブ)と総合テレビ(録画)で放送される熱戦の模様を183インチの大型スクリーンに映し出した。同会場では大会情報やスケートに関する展示も行い、応援グッズ作成コーナーも設けられた。

そのほか、「応援に行こう!」ポスターの制作や競技・大会関連情報を伝えるニュースレターの発行など地道なPR活動、地域の店舗への外国語メニューの作成支援、外国人を対象とした書道、折り紙などの日本文化体験プログラムの実施など、幅広い活動を行った。

スピードスケート競技会場へは4日間で約1万人が来場。会場は大いに盛り上がりを見せた。選手らからは、「応援が力になった」との声も届いているという。

次の記事

愛知県 豊田商工会議所

豊田商工会議所(愛知県)は4月、豊田市らしさのある食品などを紹介・販売するウェブサイト「WE LOVE とよたマルシェ」をオープンする予定だ。「クルマのまち」のイメージが強い…

前の記事

広島県 庄原商工会議所

庄原商工会議所(広島県)、東城町商工会、備北商工会は1月26日、「庄原商工連携協議会」を発足した。現在、庄原市には3つの経済団体が存在しており、各々が庄原市商工業の総合的…

関連記事

三重県 四日市商工会議所

四日市商工会議所(三重県)は、名古屋を中心にまち歩き・体験プログラムツアーを開催する「大ナゴヤツアーズ」と連携し、地域の魅力を発見する旅「四日市ツアー」を企画した。ウ…

石川県 金沢商工会議所

金沢商工会議所(石川県)は8月25~28日の4日間、石川県地場産業振興センターで「第13回かなざわマッチング商談会」を開催した。同商談会には北陸3県と北陸新幹線沿線都市の商工…

栃木県 鹿沼商工会議所

鹿沼商工会議所(栃木県)は、鹿沼市内の飲食店など接客を行う事業所が、飛沫(ひまつ)感染防止のためのついたてを導入する場合、5万円を上限に購入費用を助成することとし、8月1…