日商 Assist Biz

更新

経営トレンド豆知識 vol.2 ラグビーW杯でチャンスをつかめ

開催まであと2年ほどに迫った2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会。ビジネス界では東京五輪前後を景気の節目と考えて奔走する経営者によく遭遇します。例えば、五輪前までは好景気ながら五輪後には確実に不況がやって来ると考え、事業拡大を抑える外食チェーン社長。周囲から舞い込む出店要請を丁寧に断って「五輪後は大不況が来る」と周囲に語っています。あるいは、五輪前に稼げるだけ稼ぐべきと開発を急ぐビジネスホテル社長。「ここで勝負をかけないでいつするの?」と言い切ります。いずれにしても五輪の経済効果が大きいと考えているからです。

しかし、東京五輪の前にも経済効果が大きなイベントが日本で行われます。それは第9回ラグビーワールドカップ。19年9月から11月にかけて、アジア初の開催となります。ワールドカップというとサッカーの印象が強いですが、ラグビーワールドカップも負けず劣らず人気のスポーツイベントで、前回大会は全世界で約40億人が大会を視聴。海外から開催地(前回はイングランド)に40万人以上が訪れ、日本円にして約3332億円の経済効果をもたらしました。こうした大きな経済効果が、19年には日本にもたらされる可能性が高いのです。

しかも、この経済効果は東京一極集中ではありません。東京五輪は開催期間が約2週間なのに対し、ラグビーワールドカップは約6週間と長く、しかも開催会場は全国12カ所と広域にわたります。ラグビーの強豪国である欧米各国やオーストラリアを中心に、今回も前回並みの40万人が訪日すると予想されていますが、全国各地の会場周辺では、宿泊施設の整備など新たなビジネスチャンスが生まれるはずです。理由は、訪日する外国人観光客=ラグビーファンは世帯年収が高い富裕層が多く、ハイクラスな日本の旅を望んでいるから。ちなみに日本でも、ラグビーのファン層はゴルフのファン層と近く、年齢や年収が高いという調査結果が出ています。前回大会では会場周辺の最高級ランクのホテル、しかもスイートルームを希望する観光客が多数いたため、急きょホテルの改修が行われたそうです。すでにインバウンド需要に対する対策は全国でも準備が進みつつありますが、ここまで多くの富裕層が全国を行脚するイベントは少ないのではないでしょうか。おそらく、訪日する人たちは、宿泊施設だけでなく、宿泊施設や会場の周辺での体験企画=アクティビティーに対する期待も高いと思われます。開催まであと約1年と迫っていますが、全国各地で生まれるビジネスチャンスを見逃さないようにしたいものです。

(株式会社セレブレイン代表取締役社長・高城幸司)

次の記事

株式会社セレブレイン代表取締役社長 高城幸司

それぞれ出身地に戻って就職(Uターン)、出身地以外の場所で就職(Iターン)という言葉が生まれてから随分と時間が経過しました。このUIターンを有名にしたのは人材会社による転職…

前の記事

株式会社セレブレイン代表取締役社長 高城幸司

最近はAI(人工知能)の活用に取り組む企業のニュースを頻繁に見掛けるようになりました。例えば、話し掛けるだけで操作できるAIスピーカーの登場。あるいはAI事業に大型投資を決…

関連記事

立教大学大学院非常勤講師 高城幸司

新型コロナウイルスで、ダメージの大きな地域経済の支援目的もある「Go Toトラベル」が盛り上がらない状況になっています。不安から動きたくない消費者の志向に反したタイミン…

立教大学大学院非常勤講師 高城幸司

コロナに負けない「追い風」を見つけた社長にお会いしました。その会社は事務機器関連の商社ですが、4月の売り上げが5割以上も減少。危機的な状況に陥りました。そこで挽回策を…

立教大学大学院非常勤講師 高城幸司

緊急事態宣言を日本全国に拡大することが発表されました。パンデミック爆発を予防するため「最低7割、できれば8割」の接触削減が必要といわれています。海外に比べ「要請」とい…