セレクト地域短信 着物が描く世界100カ国 2020年へ向けお披露目会

各国をイメージした着物が集合

久留米商工会議所(福岡県)は4月29日、世界196カ国の国々を表現した着物を制作する「KIMONO PROJECT」の100カ国完成披露式典を開催。九州各県の高校生らがモデルを務め、会場を盛り上げた。同プロジェクトでは、東京オリンピック・パラリンピックが行われる2020年に向け、全ての国の着物完成を目指す。久留米市の老舗呉服店の提案をきっかけとして14年夏に始まり、現在、活動は全国に広がっている。

今回の式典は、全ての着物の完成と、2020年へ向け同プロジェクトを盛り上げていくために企画。ご当地グルメなどを楽しめるイベント「くるめ合衆国まつり」と同時開催した。

若い世代に着物に関心を持ってもらおうと、式典に登場した100人のモデルのうち、約50人は九州7県の高校生を起用した。生徒たちは、3月から歩き方やポーズを練習。担当した国について各自学んだ上で本番を迎えた。式典では、オリンピックの開会式を模し、ギリシャを先頭にアルファベット順で入場して着物を披露した。

国によって差が出ることを防ぐため、1着の制作費は約200万円と決められている。費用は市民の寄付や、企業、団体からの協賛で賄ってきた。西陣織や加賀友禅、博多織など全国各地の織元の職人が参加し、各国の歴史や自然をテーマに、イメージに合った色やデザインに仕上げた。

同プロジェクトは、教育や国際交流への貢献も目指す。学校が着物づくりに参加することで、児童・生徒は自然と自国の伝統や相手国の文化を学ぶことができる。また、15年のミラノ万博では、同プロジェクトで制作した着物を着てパレードや日本政府主催公式レセプションに参加し、国際交流を後押しした。

同プロジェクトは経済界の賛同も得ており、九州商工会議所連合会などが共同で、今年1月に「KIMONO PROJECTを応援する会」を設立した。今後、PRや協賛金集めなどに協力する。

次の記事

セレクト地域短信 お姫様のご膳再現 新たな観光資源に

佐賀県 佐賀商工会議所

佐賀商工会議所は、佐賀女子短期大学、佐賀市の老舗旅館「あけぼの」と共同で、佐賀藩の第10代藩主鍋島直正の長女・貢姫(みつひめ)にちなんだメニ...

前の記事

セレクト地域短信 歴史伝える冊子発行 地域資源生かし観光誘客

富山県 射水商工会議所

射水商工会議所(富山県)は3月1日、射水市新湊(しんみなと)地区の歴史と文化を紹介する冊子「新湊・潟&港さんぽ」を発行した。同冊子は、平成27年8...

関連記事

セレクト地域短信 地元食材、パエリアで提供 ふるさと納税返礼品に活用

山口県 下松商工会議所

下松商工会議所(山口県)が特産品の養殖魚「笠戸ひらめ」を活用して商品開発した缶詰の炊き込みご飯の素「笠戸ひらめパエリアの素」が、6月に市のふ...

セレクト地域短信 クラダシと連携協定 無料会員限定

岐阜県 大垣商工会議所

大垣商工会議所は、フードシェアリングのショッピングサイト「KURADASHI」を運営するクラダシと、食品ロス削減に向けた連携協定を4月7日に締結した...

セレクト地域短信 企業版テークアウト&デリバリーを推進

新潟県 上越商工会議所

上越商工会議所(新潟県)は、フードデリバリー需要の創出を目的とした「企業版テイクアウト・デリバリー推進事業」を6月から開始した。同事業は、会...