商いの心と技 vol.1 商いとは〝不〟の解消業

ふらここでは若手職人の精鋭たちが結集し、顧客ニーズをくみ取りながら自分たちの熱い思いを形にしている

「義父と義母から贈られたけれど、気に入らないからキャンセルしたい」

こんな電話をかけてきたのは、小さなお子さんを持つ母親だったという。同じような電話を何本か受け、その人は自らが身を置く業界に「著しい危機感を覚えた」と当時を振り返る。

その人とは、節句人形製造販売を営む「ふらここ」の原英洋さん。100年以上続く人形師の家柄の三代目として、家業の人形店で働いているときのことだった。

古くして古きは滅ぶ

桃の節句と端午の節句は子の成長を願い、家族の絆を深める機会として古くから親しまれる日本の伝統的な季節行事である。しかし、その市場は衰退を続け、典型的な構造的不況業種になっている。団塊の世代のころには270万人あった出生数が、いまや3分の1以下の約86万人。少子化による絶対数の減少ばかりでなく、節句人形を購入するのは、その3分の1にまで減っていると原田さんは言う。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

商いの心と技 vol.2 ノーショールーミング宣言 無料会員限定

商い未来研究所 笹井清範

お客さまでにぎわう日曜日、中村勇太さんはシューズ売り場で1人のお客さまを対応していた。〝最良の一足〟と出会ってもらうために、数多くの研修や...

関連記事

商いの心と技 vol.20 全力で生きましょうや 無料会員限定

商い未来研究所 笹井清範

メキシコには、人間には〝三つの死〟があるという死生観がある。一度目は心臓が止まった時、二度目は埋葬や火葬をされた時、三度目は人々がその人...

商いの心と技 vol.19 人を大切にする経営 無料会員限定

商い未来研究所 笹井清範

東北・南部地方の伝統食、南部せんべい。もともとは八戸藩(現在の青森県)の非常食であり、小麦粉を水で練って円形の型に入れて圧縮するように焼...

商いの心と技 vol.18 店は店主の人柄の鏡 無料会員限定

商い未来研究所 笹井清範

「日本のカッコイイを集めたお土産屋さん」をコンセプトとするセレクトショップ「カタカナ」には、文具、書籍、玩具、食器、衣料品、服飾雑貨、食...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする