日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 パワハラ防止ガイドブックー判断基準、人事管理、相談対応がわかる

パワハラ防止ガイドブックー判断基準、人事管理、相談対応がわかる 橘大樹・吉田寿・野原蓉子著

過去3年間にパワーハラスメント(パワハラ)を受けたと感じた経験のある人は、従業員のおよそ3人に1人ともいわれている。このような状況の中、労働施策総合推進法が改正され、パワハラの防止措置が企業に義務付けられた。

同書は、パワハラ指針の概要や企業の取るべき対応策、過去の裁判例に加え、人事管理のポイント、相談対応とトラブル防止の具体策などを分かりやすく解説している。過小な要求、過大な要求もパワハラになることなど、パワハラとは何かを正しく理解するため、そして働きやすい職場づくり、相談窓口の充実に向け役に立つ書。

(A5判/136ページ/1400円(税抜き)/経団連出版)

次の記事

日本経済団体連合会

人事・労務全般に関する基本的な事項や、重要な労働法制の概要、改正の動向、わが国の労働市場について、図表を用いて分かりやすく解説している。雇用調整助成金などの新型コロ…

前の記事

大内伸哉

労働組合法を順守することは、よい経営のための要諦である。経営者には労働組合から申し込まれた団体交渉に応じる義務もある。本書では、労働委員会の公益委員として数々の事件…

関連記事

坂本光司/坂本洋介/水沼啓幸

コロナ禍でもしっかりと大切な取り組みを続ける企業は、事業を見つめ直す機会と捉え、来たるべき新しい時代に備える。社員の教育を強化し、ビジネスモデル転換を図っている。同…

山田泰造

日本商工会議所が発行する『月刊石垣』2016年11月号の特集「ピンチをチャンスに変える プロが教えるクレーム対応の最新技術」に登場した著者の最新刊。現代社会では、ストレス…

大久保幸夫/日本貿易振興機構

今日、マネジメントを学ぶ機会は意外と少なく、見よう見まねで試行錯誤しながら、なんとかその職をこなしている管理職も多いのではないだろうか。本書では、改めてマネジメント…