日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 パワハラ防止ガイドブックー判断基準、人事管理、相談対応がわかる

パワハラ防止ガイドブックー判断基準、人事管理、相談対応がわかる

橘大樹・吉田寿・野原蓉子 著

過去3年間にパワーハラスメント(パワハラ)を受けたと感じた経験のある人は、従業員のおよそ3人に1人ともいわれている。このような状況の中、労働施策総合推進法が改正され、パワハラの防止措置が企業に義務付けられた。

同書は、パワハラ指針の概要や企業の取るべき対応策、過去の裁判例に加え、人事管理のポイント、相談対応とトラブル防止の具体策などを分かりやすく解説している。過小な要求、過大な要求もパワハラになることなど、パワハラとは何かを正しく理解するため、そして働きやすい職場づくり、相談窓口の充実に向け役に立つ書。

(A5判/136ページ/1400円(税抜き)/経団連出版)

次の記事

日本経済団体連合会

人事・労務全般に関する基本的な事項や、重要な労働法制の概要、改正の動向、わが国の労働市場について、図表を用いて分かりやすく解説している。雇用調整助成金などの新型コロ…

前の記事

大内伸哉

労働組合法を順守することは、よい経営のための要諦である。経営者には労働組合から申し込まれた団体交渉に応じる義務もある。本書では、労働委員会の公益委員として数々の事件…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…