日商 Assist Biz

更新

スポーツライター 青島健太の注目アスリート イチローのすごさは 自分を最大限に生かすスタイル

パドレス戦で2塁打を放ち、日米通算安打数でローズを超えたイチロー 写真提供:産経新聞

マイアミ・マーリンズのイチロー選手が、また一つ偉大な記録を更新した。ピート・ローズ氏の持つメジャー歴代最多安打4256本を抜いたのだ。

現地6月15日のパドレス戦。この時点でイチローは、ローズの記録にあと1本と迫る4255本のヒットを打っていた。1番ライトで先発出場したイチローは、いきなり第1打席で内野安打を放つ。低めのツーシームを打った打球は、キャッチャー前のゴロに。1塁側に転がった緩いゴロをキャッチャーが追いかけるように捕って1塁に投げたが、俊足のイチローは、もうすでに1塁ベースを駆け抜けていた。これでローズに並ぶ4256本。しかし1塁ベースに立ったイチローは、うっすらと苦笑いするだけだった。足で稼いだヒット。これもイチローらしさのよく出た出塁だったが、記念すべきヒットは、もう少し良い当たりをイメージしていたのかもしれない。

偉大な記録に追いつくや否やイチローは、すぐさまローズを抜き去っていく。迎えた第5打席。高めのチェンジアップをとらえた打球は、鋭いライナーでライト線に飛ぶ。2塁ベースにスライディングすることもなく、楽々たどり着くスタンドアップ・ダブル。この2塁打が日米通算4257本目のヒット。イチローはこのときばかりは、ヘルメットを脱いでスタンドからの拍手に応えたが、短く刈った髪の毛には、ここまでの長い戦いを物語るかのように白いものが混ざっていた。

イチローのすごさを何で語るか。挙げればきりがないほどの魅力にあふれているが、ここで考えたいのは自分の持ち味を最大限生かすスタイルの構築だ。タイ記録は、思わず苦笑いを浮かべた内野安打だったが、このゴロ安打が、イチローを象徴する当たりと言ってもいいだろう。イチローが画期的なのは、ゴロを打つことで、これをヒットにする技術を持っていることだ。いや、自分の特長を生かして、そこに生きる道を見出した発想そのものの勝利だ。フライでは、捕られたらアウト。それでは足が生かせない。とにかくゴロを打つ。それも内野手が左右に動いて捕らなければいけない打球ならば、1塁が常にクロスプレーになる。

華やかなホームランを狙わずに、ヒットで出塁することに徹する。それは、「虚」を捨てて「実」を取る、プロフェッショナリズムだ。

青島 健太 スポーツライター&キャスター 1958年新潟市生まれ。埼玉県立春日部高校から慶応義塾大学、東芝を経てヤクルト・スワローズに入団。プロ野球初打席で初ホームランを記録。引退後は、オーストラリアで日本語教師を務め、帰国後、あらゆるメディアでスポーツの醍醐味を伝えている。

次の記事

室伏広治

リオデジャネイロ五輪の陸上競技に彼の姿を見ることはできなかった。ハンマー投げの室伏広治選手だ。2000年シドニー五輪に始まり、アテネ、北京、ロンドンと4大会連続で五輪に…

前の記事

城所龍磨

7回の裏、福岡ソフトバンクホークスの攻撃。2対1と北海道日本ハムファイターズをリードしながらも、追加点が取れず嫌な雰囲気が続いていた。1アウト2塁3塁。ゲームを決める絶好…

関連記事

上野由岐子

2020年東京五輪を心待ちにしているアスリートは数多くいるが、その中でもこの人ほど熱い思いで、その時を待っている選手はいないだろう。ソフトボール日本代表の上野由岐子投手…

渡辺一平

東京辰巳国際水泳場で4月に行われた競泳日本選手権。韓国で開催される世界選手権(7月)の代表選考を兼ねた大会だけに、有力選手の泳ぎに注目が集まった。バタフライと個人メド…

吉田正尚

強烈なアピールだった。2020年東京五輪で金メダルを狙う野球日本代表の4番候補にオリックス・バファローズの吉田正尚(まさたか)選手(外野手)が名乗りをあげた。3月9、10日と…