日商 Assist Biz

更新

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】 ワンクリック請求と契約の履行義務

Q 当社の社員が、社用の携帯電話に届いたメールに記載されたURLをクリックしたところ、有料サービスの登録がなされ、代金を支払うようにとの表示が画面になされました。このような場合には代金を支払わなければならないのでしょうか。

A このような場合にはクリックが契約の申し込みであると認識してなされたとはいえず、契約の申し込みの意思表示があるとはいえませんので、契約は成立していません。したがって、代金請求の根拠はなく、請求に応じる法的義務はありません。

ワンクリック請求とは

ワンクリック請求とは、携帯電話やパソコンに届いたメールなどに記載されているURLを1度クリックしてアクセスしただけで、有料サービスの登録が完了したなどの画面表示がなされ、当該有料サービスの代金が請求されるというケースです。その多くは、詐欺的手法で金銭をだまし取ることを目的とした、架空請求の一種であるとされています。

ワンクリック請求と契約の成否

ワンクリック請求の場合、当該ワンクリックが契約の申し込みであるといえない場合には、そもそも申し込みの意思表示がないとして、契約は成立しません。「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」では、契約が不成立であると判断できる事例として、単なる宣伝メールを装って特定のURLを表示しているケースや、「契約の申し込みをしますか?」の問いに対して「はい」「いいえ」のボタンはあるが、「いいえ」をクリックしたにもかかわらず自動登録されるケースなどは、契約の申し込みだと認識できないため契約が成立しないと考えられるケースであるとしています。

多くのワンクリック請求はこのように、契約の申し込みであると認識できないことを理由に、契約が成立していないと主張できるものと考えられます。

契約が成立する場合の対応

ワンクリック請求であっても契約が成立してしまう場合も皆無ではないため、その場合の対応について検討します。

例えば、契約を申し込む意思がなかったのに誤って申し込みのボタンをクリックしてしまった場合には、錯誤無効を主張できる可能性があります。錯誤無効の主張には①契約の要素に錯誤があること、②申込者に重過失がないことが民法上は要求されています。もっとも、電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律上の「電子消費者契約」に該当する場合には、事業者側が申込内容の確認措置(例:最終的な申し込みを行う際に、この内容でよいかの確認画面を設けて、確定的な申し込みをする前に申込内容を表示し、そこで訂正する機会を与えることなど)を講じていた場合を除き、申込者の重過失の有無にかかわらず、錯誤無効の主張をすることができます。錯誤無効により契約の無効を主張できる場合には代金請求の根拠がなくなりますので請求に応じる義務はありません。

また、①消費者契約法違反の条項があり当該条項が無効となる場合(例:代金請求に際して高額な遅延損害金が発生する旨が記載されている場合には、消費者契約法9条2号に反しないかが問題となります)や、②契約の内容が公序良俗に反する場合(例:提供されるサービスとその対価が著しくバランスを欠く場合や著作権処理がなされていない画像の販売など取引自体が法律に違反する場合)は無効主張が可能といえます。

そのほか、ワンクリック業者が申込者に対して欺罔(ぎもう)行為を行い、その結果として申込者が錯誤に陥り申し込みの意思表示をした場合には、詐欺による取り消しを主張し得る可能性もありますし、申込者が未成年者である場合には、そのことを理由に取り消しを主張し得る可能性もあります。 (弁護士・佐々木 奏)

お問い合わせ

会社:Supported by 第一法規株式会社

住所:東京都港区南青山2-11-17

電話:03-3796-5421

HP:https://www.daiichihoki.co.jp/netqa/

次の記事

第一法規株式会社

年次有給休暇(以下、「年休」といいます)は、労働者が6カ月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤するという客観的要件を充足することで発生する法律上の権利です(労働基準法…

前の記事

第一法規株式会社

最高裁では「たとえ事業者による働きかけが不特定多数の消費者に向けられたものであったとしても、個別の消費者の意思形成に直接影響を与えることもあり得るため、直ちにその働…

関連記事

第一法規株式会社

昨今BYOD(私物デバイスの業務利用)が話題となっていますが、当社では、これまで個人所有のパソコンや携帯電話などの使用については、特段の制限などは設けていません。何か特…

第一法規株式会社

当社では、出退社管理にタイムカードを使用していますが、昨今の感染症による影響などで、タイムカードを打刻できない場面が増えてきています。「労働時間の客観的な方法による…

第一法規株式会社

当社では、出退社管理はタイムカードを使用していますが、働き方改革の一環で労働関連法が改正されて「労働時間の客観的な方法による管理義務」が課せられることになったと聞き…