日商 Assist Biz

更新

文科省・経産省・厚労省 「キャリア教育」先進事例を表彰 最優秀賞に「川口若手ものづくり人材育成プロジェクト」

「キャリア教育推進連携表彰」最優秀賞を受賞した、プロジェクトの実行委員長を務める川口商工会議所の伊藤光男副会頭(右)

文部科学省、経済産業省、厚生労働省は1月21日、国立オリンピック記念青少年総合センターで「キャリア教育推進連携シンポジウム」を開催。「キャリア教育推進連携表彰」など、各賞の受賞団体による事例発表と表彰式が執り行われた。

キャリア教育推進連携表彰の最優秀賞には、川口商工会議所(埼玉県)が事務局を担う「川口若手ものづくり人材育成プロジェクト」が選出された。同プロジェクトには、地場産業の鋳物や機械工業などの組合、行政・教育機関が参画。「地学地就」を目的にした工業高校生のインターンシップや、企業の高度技術者による鋳造・溶接などの実践的な授業、小中学生とその保護者を対象とした「親子でものづくり体験ツアー」を実施するなど、地域総がかりで産業人材育成に努めている点が高く評価された。

また、「キャリア教育アワード」では愛知県の瀬戸キャリア教育推進協議会(事務局=瀬戸商工会議所など)が優秀賞を受賞。同協議会は中学生の職場体験の受け入れ先として、瀬戸市とその近郊の300事業所を開拓していることに加え、地元企業・商店街・NPO団体などから、学校のニーズに合わせてその道のスペシャリストを派遣。子どもたちに講義を行い、まちぐるみでキャリア教育を行っている点が評価された。

同シンポジウムでは、日本商工会議所特別顧問の前田新造氏(資生堂相談役)による「魅力ある人づくり~社会が必要とする人材育成のために~」と題した基調講演のほか、産学官の関係者によるパネルディスカッションも開催。活発な意見交換が行われた。

詳細は、http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/12/1353756.htmを参照。