おすすめ書籍 精神論抜きの地球温暖化対策 パリ協定とその後

精神論抜きの地球温暖化対策 パリ協定とその後

有馬純 著

京都議定書の詳細ルールの策定や、ポスト2013年枠組みの交渉に参加した著者が、パリ協定の概要と課題、今後の国内対策を巡る論点を提示したいと考え、執筆した一冊。数値目標やスローガンでは解決しないこの問題に対し、いま日本は何をなすべきか、著者の意見も含めて詳細に書かれている。

(A5判/259頁/税込み1944円/エネルギーフォーラム)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

おすすめ書籍 日本の観光 きのう・いま・あす/まちゼミ さあ、商いを楽しもう!

須田寬/松井洋一郎

日本の観光 きのう・いま・あす 須田寬著 経済波及効果の大きい観光は、地域社会発展の大きな手段の一つでもあり、日本の力強い経済成長を取り...

前の記事

おすすめ書籍 宥座(ゆうざ)の器 グンゼ創業者波多野鶴吉の生涯 増補版

四方洋

本書は、平成28年8月に創業120年を迎えたグンゼの創業者である波多野鶴吉の生涯を記した1冊。平成9年に100周年記念として出版された初版は好評のう...

関連記事

おすすめ書籍 実践! 下請法 ~セミナー・出前講義でも使用中~ 2021年8月改訂版

全国中小企業振興機関協会

公益財団法人全国中小企業振興機関協会がセミナーや企業への出前講義で使用するテキストの改訂版。下請法などの関係法令や標準基本契約書、下請法...

おすすめ書籍 よけいなひと言を好かれるセリフに変える 働く人のための言いかえ図鑑

大野萌子

仕事の人間関係は、その「ひと言」でがらりと変わる―。2万人にコミュニケーション指導をしてきたカウンセラーの著者が、「言い方」で損をしない言...

おすすめ書籍 渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語/ジェトロ貿易ハンドブック2021

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする