伝えていきたい日本の技 防災用ホイッスル「effe」

プラスジャック(福井県鯖江市)

ブランド名「effe」はイタリア語の「F」の発音「エッフェ」に由来し、FUKUI(福井)やFUE(笛)などさまざまな「F」の意味を込めています(撮影:加藤正博)

今月は、アクセサリー感覚で身に着けられるおしゃれな防災用ホイッスル、「effe(エッフェ)」をご紹介します。

「めがねの聖地」として知られる福井県鯖江市では、目が悪く学校に通えない女の子のために眼鏡をつくったことから眼鏡産業が始まったと伝えられています。アセテート材の加工を得意とする眼鏡メーカー・プラスジャックはその精神を受け継ぎ、人に寄り添う新たな商品として、防災用ホイッスルの開発に乗り出しました。

ホイッスルには、崩壊した建物の中から、救助犬でも聞き取れる音が求められます。また女性や子ども、けが人などの弱い力でも吹ける必要があり、常に身に着けてもらえるように、デザインにもこだわっています。

アセテートはイタリアで開発された植物性プラスチックで、金型をつくらず、一つずつ職人の手で削り出して成型します。眼鏡づくりで磨いた技が、防災に役立っています。

お問い合わせ

プラスジャック

TEL:0778-53-1885

HP:https://effesabae.com/

※月刊石垣2020年7月号に掲載された記事です。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

伝えていきたい日本の技 大曲の花火

大曲花火倶楽部

今月は、夜空を華やかに彩る夏の風物詩、秋田県大曲の大輪の打ち上げ花火をご紹介します。「大曲の花火」は江戸時代ごろから記録が残されており、...

前の記事

伝えていきたい日本の技 穴太衆積の石垣

粟田建設

今月は、『月刊石垣』の40周年を記念して、堅牢強固な穴太衆積(あのうしゅうづみ)の石垣をご紹介します。穴太衆は、古墳や寺院などの築造を行って...

関連記事

伝えていきたい日本の技 inoca COVER book 無料会員限定

井戸畳店

今月は、いぐさの良さを生かしてカラフルに仕立てた畳表のブックカバーをご紹介します。関西有数の観光地・南紀白浜を抱える白浜町に創業した井戸...

伝えていきたい日本の技 ボッコ靴

Kボッコ

今月は、東北や北海道で雪上作業靴として履かれてきた天然生ゴム製の長靴「ボッコ靴」をご紹介します。ボッコ靴は、大正の終わりごろから昭和の初...

伝えていきたい日本の技 2M, 38S

吉正織物工場

今月は長浜市で古くから生産されてきた浜ちりめんを用いたアパレルブランドをご紹介します。ちりめんとは、シルクを原材料とした、よりのない経糸(...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする