日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 防災用ホイッスル「effe」

プラスジャック(福井県鯖江市)

ブランド名「effe」はイタリア語の「F」の発音「エッフェ」に由来し、FUKUI(福井)やFUE(笛)などさまざまな「F」の意味を込めています(撮影:加藤正博)

今月は、アクセサリー感覚で身に着けられるおしゃれな防災用ホイッスル、「effe(エッフェ)」をご紹介します。

「めがねの聖地」として知られる福井県鯖江市では、目が悪く学校に通えない女の子のために眼鏡をつくったことから眼鏡産業が始まったと伝えられています。アセテート材の加工を得意とする眼鏡メーカー・プラスジャックはその精神を受け継ぎ、人に寄り添う新たな商品として、防災用ホイッスルの開発に乗り出しました。

ホイッスルには、崩壊した建物の中から、救助犬でも聞き取れる音が求められます。また女性や子ども、けが人などの弱い力でも吹ける必要があり、常に身に着けてもらえるように、デザインにもこだわっています。

アセテートはイタリアで開発された植物性プラスチックで、金型をつくらず、一つずつ職人の手で削り出して成型します。眼鏡づくりで磨いた技が、防災に役立っています。

お問い合わせ

プラスジャック

TEL:0778-53-1885

HP:https://effesabae.com/

※月刊石垣2020年7月号に掲載された記事です。

次の記事

大曲花火倶楽部

今月は、夜空を華やかに彩る夏の風物詩、秋田県大曲の大輪の打ち上げ花火をご紹介します。「大曲の花火」は江戸時代ごろから記録が残されており、花火は地域行事や商人への接待…

前の記事

粟田建設

今月は、『月刊石垣』の40周年を記念して、堅牢強固な穴太衆積(あのうしゅうづみ)の石垣をご紹介します。穴太衆は、古墳や寺院などの築造を行っていた石工の末裔(まつえい)で、…

関連記事

大橋量器

今月は、ポップなペイントを施すことで木枡の新たな可能性を提案するカラー枡(ます)をご紹介します。大垣市の枡産業は、明治時代の中ごろに枡づくりの職人が技術を持ち込んだこ…

露木木工所

今月は、多様な天然木のぬくもりを身近に楽しむことのできる箱根寄木(よせぎ)細工の「合子(ごうす)」をご紹介します。箱根の山々は樹種が多く、平安時代から木工芸が発達した地…

三光製作

今月は、抗菌めっきを施し、富士山をモチーフにした「抗菌富士」シリーズのしおりをご紹介します。長年めっき加工会社としてさまざまなめっきを請け負ってきた三光製作は、2013…