伝えていきたい日本の技 穴太衆積の石垣

粟田建設(あわたけんせつ)(滋賀県大津市)

石の性質に合わせて的確に配置する技法は、職人と石との対話の中で培われたもので、文字で伝えるのは難しいといいます

今月は、『月刊石垣』の40周年を記念して、堅牢強固な穴太衆積(あのうしゅうづみ)の石垣をご紹介します。

穴太衆は、古墳や寺院などの築造を行っていた石工の末裔(まつえい)で、織田信長が築いた安土城の石垣を施工した際に高い評価を受け、信長をはじめとする多くの戦国武将から城塞の石垣構築を任されていました。

穴太衆積の特徴は、積み石の内寄りに重心を置き、石垣の奥に大きさの異なる二つの小石の層を設けている点にあります。これにより積み上げた石が安定し、排水がしっかりと行われるため、数百年もの風雪にも耐えうる堅牢(けんろう)な石垣が生み出されています。

美しく、また耐荷力がコンクリートを上回ると実験で証明されたこともあり、時代を経て再び国内外から注目を集めている穴太衆の石垣。その技術を継承する粟田建設は、修復工事のみならず、現代建築においても高い技術力を発揮しています。

お問い合わせ

粟田建設

TEL:077-578-0170

HP:http://www.anoushu.jp/

※月刊石垣2020年6月号に掲載された記事です。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

伝えていきたい日本の技 防災用ホイッスル「effe」

プラスジャック

今月は、アクセサリー感覚で身に着けられるおしゃれな防災用ホイッスル、「effe(エッフェ)」をご紹介します。「めがねの聖地」として知られる福井...

前の記事

伝えていきたい日本の技 色鍋島 リバーシ KOSEN

鍋島 虎仙窯

今月は、カラフルな4色の駒が目をひく、鍋島焼の「リバーシ」をご紹介します。鍋島焼は寛永5(1628)年に肥前・有田で始まったとされ、色絵を施し...

関連記事

伝えていきたい日本の技 inoca COVER book 無料会員限定

井戸畳店

今月は、いぐさの良さを生かしてカラフルに仕立てた畳表のブックカバーをご紹介します。関西有数の観光地・南紀白浜を抱える白浜町に創業した井戸...

伝えていきたい日本の技 ボッコ靴

Kボッコ

今月は、東北や北海道で雪上作業靴として履かれてきた天然生ゴム製の長靴「ボッコ靴」をご紹介します。ボッコ靴は、大正の終わりごろから昭和の初...

伝えていきたい日本の技 2M, 38S

吉正織物工場

今月は長浜市で古くから生産されてきた浜ちりめんを用いたアパレルブランドをご紹介します。ちりめんとは、シルクを原材料とした、よりのない経糸(...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする