伝えていきたい日本の技 色鍋島 リバーシ KOSEN

鍋島 虎仙窯 (佐賀県伊万里市)

赤・緑・黄と染付(藍)の4色の駒に青磁の駒を2つ添えたリバーシのセット。収納した姿も美しく、インテリアとしてもおすすめです(撮影:加藤正博)

今月は、カラフルな4色の駒が目をひく、鍋島焼の「リバーシ」をご紹介します。

鍋島焼は寛永5(1628)年に肥前・有田で始まったとされ、色絵を施した色鍋島、染付のみで絵付けをする藍鍋島、気品ある青緑色が特徴の鍋島青磁があります。染付で描いた藍色の線画を赤・淡緑・黄で絵付けする色鍋島は、鮮やかな色彩が評価され、贈答用や観賞用の高級磁器として国内外で愛されています。

鍋島虎仙窯では、「鍋島焼文化の確立」というビジョンを掲げ、現代的な感覚を取り入れたブランド「KOSEN」を立ち上げました。色鍋島の独特な色合いを取り入れたリバーシ(オセロ)は、「大名の日用品」をコンセプトに新たな視点で生み出された商品です。伝統を感じながら世代を超えて楽しめるリバーシで、家族団らんのときをにぎやかに過ごしてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

鍋島 虎仙窯

TEL:0955-24-2137

HP:http://imari-kosengama.com/

※月刊石垣2020年5月号に掲載された記事です。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

伝えていきたい日本の技 穴太衆積の石垣

粟田建設

今月は、『月刊石垣』の40周年を記念して、堅牢強固な穴太衆積(あのうしゅうづみ)の石垣をご紹介します。穴太衆は、古墳や寺院などの築造を行って...

前の記事

伝えていきたい日本の技 金のふりかけ

歴清社

今月は、「金」の華やかさやきらめきを身近に楽しめる、金箔(きんぱく)製の“ふりかけ”をご紹介します。 今年で創業115年の歴清社は、廃刀令により...

関連記事

伝えていきたい日本の技 ボルタ 無料会員限定

NPO法人テツプロ・ボルタ工房

今月は、ボルトやナット、ワッシャーでつくられたユニークな人形、ボルタをご紹介します。室蘭は、1907年に日本製鋼所、09年に北海道炭礦汽船輪西...

伝えていきたい日本の技 組手のトレー、コースターと箸置き

森本建具店

今月は、香川県の伝統工芸である組手細工(くでざいく)のトレーなどテーブル雑貨をご紹介します。江戸時代、高松城下では漆器づくりや繊維業が栄え...

伝えていきたい日本の技 アイスエナジー

アトム技研

今月は、機能性が高くファッショナブルな保冷剤として注目される、アイスエナジーをご紹介します。熱中症が世界中で問題となっている昨今、衛生的...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする