日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 色鍋島 リバーシ KOSEN

鍋島 虎仙窯 (佐賀県伊万里市)

赤・緑・黄と染付(藍)の4色の駒に青磁の駒を2つ添えたリバーシのセット。収納した姿も美しく、インテリアとしてもおすすめです(撮影:加藤正博)

今月は、カラフルな4色の駒が目をひく、鍋島焼の「リバーシ」をご紹介します。

鍋島焼は寛永5(1628)年に肥前・有田で始まったとされ、色絵を施した色鍋島、染付のみで絵付けをする藍鍋島、気品ある青緑色が特徴の鍋島青磁があります。染付で描いた藍色の線画を赤・淡緑・黄で絵付けする色鍋島は、鮮やかな色彩が評価され、贈答用や観賞用の高級磁器として国内外で愛されています。

鍋島虎仙窯では、「鍋島焼文化の確立」というビジョンを掲げ、現代的な感覚を取り入れたブランド「KOSEN」を立ち上げました。色鍋島の独特な色合いを取り入れたリバーシ(オセロ)は、「大名の日用品」をコンセプトに新たな視点で生み出された商品です。伝統を感じながら世代を超えて楽しめるリバーシで、家族団らんのときをにぎやかに過ごしてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

鍋島 虎仙窯

TEL:0955-24-2137

HP:http://imari-kosengama.com/

※月刊石垣2020年5月号に掲載された記事です。

次の記事

伝えていきたい日本の技 穴太衆積の石垣

粟田建設

今月は、『月刊石垣』の40周年を記念して、堅牢強固な穴太衆積(あのうしゅうづみ)の石垣をご紹介します。穴太衆は、古墳や寺院などの築造を行って...

前の記事

伝えていきたい日本の技 金のふりかけ

歴清社

今月は、「金」の華やかさやきらめきを身近に楽しめる、金箔(きんぱく)製の“ふりかけ”をご紹介します。 今年で創業115年の歴清社は、廃刀令により...

関連記事

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...

伝えていきたい日本の技 臼杵焼の器

USUKIYAKI研究所

約200年前に途絶えた幻の焼き物を現代によみがえらせた臼杵(うすき)焼をご紹介します。臼杵では、臼杵藩の御用窯が江戸時代後期に開かれ、臼杵焼が...

伝えていきたい日本の技 旅行用トランク「タイムボイジャー トロリー」

安達紙器工業

今月は、レトロなデザインが目を引く、バルカナイズド・ファイバー製のトランクをご紹介します。バルカナイズド・ファイバーとは紙の一種で、木材...