日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 大曲の花火

大曲花火倶楽部(おおまがりはなびくらぶ)(秋田県大仙市)

大曲で打ち上げられる花火は、その時代ごとの最新の花火の集大成でもあり、花火師の粋を極めた技を見ることができます(写真提供:大曲商工会議所)

今月は、夜空を華やかに彩る夏の風物詩、秋田県大曲の大輪の打ち上げ花火をご紹介します。

「大曲の花火」は江戸時代ごろから記録が残されており、花火は地域行事や商人への接待などに欠かせないものでした。諏訪神社への奉納や余興として地域に根付いた大曲の花火は、1910年に東北6県合同で花火師の技を競う大会へと拡大し、15年には全国大会へと発展、現在では毎年70万人もの観客を集める日本最大級の花火競技大会として定着しました。

終戦の翌年には中断していた花火の打ち上げを再開し、人々に希望と勇気を与えた大曲の花火。コロナ禍で全国的に花火大会が中止となる中、大曲花火倶楽部では花火業者を守り、日本を勇気づけたいと「日本の花火『エール』プロジェクト」を主催しています。開催日時を伏せ、全国81社の花火業者が各地で同時に打ち上げる「エール花火」が、人々に笑顔を運びます。

お問い合わせ

大曲花火倶楽部

TEL:0187-62-6887

HP:http://omagarihanabiclub.blogspot.com/p/index.html?m=1

日本の花火「エール」プロジェクトの紹介動画はこちら

※月刊石垣2020年8月号に掲載された記事です。

次の記事

大橋メリヤス

今月は、メリヤス編みを得意とする大橋メリヤスが展開する編物ブランド「Amiza(アミザ)」をご紹介します。奈良時代には朝廷に絹を納め、徳川家康に軍旗を献上するなど、古くか…

前の記事

プラスジャック

今月は、アクセサリー感覚で身に着けられるおしゃれな防災用ホイッスル、「effe(エッフェ)」をご紹介します。「めがねの聖地」として知られる福井県鯖江市では、目が悪く学校に…

関連記事

及源鋳造

今月は、岩手県の伝統工芸品である南部鉄器の新たな姿を見せるブランド、Palma(パルマ)をご紹介します。南部鉄器には二つのルーツがあり、奥州市水沢地区と盛岡市を中心に鋳物…

清原織物

今月は、伝統的な綴織(つづれおり)の技術を生かして「祝いの品々」を展開するブランド、「sufuto(すふと)」をご紹介します。綴織は世界各地で古くから見られ、4000年以上の歴史…

大寺幸八郎商店

今月は、高岡市の伝統工芸である高岡銅器の技術を生かした、小さな干支(えと)の置物をご紹介します。加賀藩の二代目藩主・前田利長は地場産業を育てるため7人の鋳造師を当地に…