日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 Amiza

大橋メリヤス(おおはしめりやす)(群馬県桐生市)

表裏の両目を編むガーター編みという技法で油絵の刷毛跡を表現したマフラー(左) とスヌード(右)。同社の技術を生かしたマスクも人気です (撮影:加藤正博)

今月は、メリヤス編みを得意とする大橋メリヤスが展開する編物ブランド「Amiza(アミザ)」をご紹介します。

奈良時代には朝廷に絹を納め、徳川家康に軍旗を献上するなど、古くから繊維のまちとして知られた群馬県桐生市は、今なお多様な繊維技術の一大集積地です。大橋メリヤスは、現在では代替機の入手が困難なドイツ・ストール社製のメリヤス機を用い、ゴッホやフェルメールの作品など世界的名画にインスパイアされた商品の開発に力を入れています。

絵画作品を象徴する四つの色を表現するため、色ごとに5種類の色糸を撚(よ)り合わせ、合計で20種類使用される色糸のひとつでも違えば元絵のイメージから外れてしまうというほど調色にこだわった名画シリーズ。ウールの使用量をおさえて、秋口から春まで楽しめるマフラーやストールが、季節に合わせてさまざまな色を身にまとう喜びを教えてくれます。

お問い合わせ

大橋メリヤス

TEL:0277-54-1406

HP:http://amiza.net/

※月刊石垣2020年9月号に掲載された記事です。

次の記事

三光製作

今月は、抗菌めっきを施し、富士山をモチーフにした「抗菌富士」シリーズのしおりをご紹介します。長年めっき加工会社としてさまざまなめっきを請け負ってきた三光製作は、2013…

前の記事

大曲花火倶楽部

今月は、夜空を華やかに彩る夏の風物詩、秋田県大曲の大輪の打ち上げ花火をご紹介します。「大曲の花火」は江戸時代ごろから記録が残されており、花火は地域行事や商人への接待…

関連記事

プラスジャック

今月は、アクセサリー感覚で身に着けられるおしゃれな防災用ホイッスル、「effe(エッフェ)」をご紹介します。「めがねの聖地」として知られる福井県鯖江市では、目が悪く学校に…

粟田建設

今月は、『月刊石垣』の40周年を記念して、堅牢強固な穴太衆積(あのうしゅうづみ)の石垣をご紹介します。穴太衆は、古墳や寺院などの築造を行っていた石工の末裔(まつえい)で、…

鍋島 虎仙窯

今月は、カラフルな4色の駒が目をひく、鍋島焼の「リバーシ」をご紹介します。鍋島焼は寛永5(1628)年に肥前・有田で始まったとされ、色絵を施した色鍋島、染付のみで絵付けを…