日商 Assist Biz

更新

真壁昭夫の経済底流を読み解く 2014年、日本経済の鍵を握る“賃上げ” 大切なのは時間をかけた景気の回復

わが国経済は、2012年11月を底に緩やかな回復傾向にある。産業や地域によって回復のばらつきや差異はあるものの、実質ベースのGDPは12年10〜12月期以降、4四半期連続でプラス成長している。今後、この回復傾向を維持することができるか否かが重要なポイントだ。

しかし、4月から消費税率が8%に引き上げられることによって、個人消費や住宅投資が一時的に落ち込むことは避けられない。4〜6月期のGDPはマイナスになるだろう。問題は、その落ち込みをどの程度の期間で回復できるかである。

一つの鍵となるのは家計部門が受け取る収入だ。13年末の大企業部門の賞与は、5%以上上昇するとみられる。ただ、賞与は基本的に企業の業績に連動する一時金であり、家計がもらう基本給与が上がるかどうかが重要になる。

厚生労働省が発表する毎月の勤労統計によると、わが国の現金給与総額はリーマンショック後の11年、12年と2年連続で減少した。特に目立つのが、残業などを含まない所定内給与が06年以降、7年連続で低下していることだ。

しかし、最近は少しずつ変化が見られ、米国経済の回復や為替市場で円安傾向の追い風が吹いていることもあり、自動車などの主力輸出企業の業績は大きく改善している。そうした状況を反映して、大手製造企業の経営者から賃上げを検討する発言が出ているだけでなく、流通業界などの経営者にも前向きな姿勢を見せる人がいる。

現在、安倍政権は賃上げの動きを広げるべく、経済界や企業経営者に積極的に働きかけている。デフレからの脱却を図るには、家計部門が実際に使えるお金=可処分所得を増やすことで、持続的に消費を盛り上げることが必要になる。これからは、賃上げの動きが産業界にどれだけ広がるかが重要だ。

大企業の経営者の中にも慎重な人は多い。大手メーカーのある経営者は、「円安による原材料費の上昇や、4月の消費税率の引き上げを考えると慎重にならざるを得ない」と指摘する。別の経営者は、「駆け込み需要の盛り上がりで足元の状況は良いが、その後の落ち込みを考えると大盤振る舞いはできない」と言う。中小企業の経営者にも慎重な姿勢を示す人が多い。ヒアリングを行っても、「まだその余裕がない」との回答がかなり多く、リーマンショック以降の景気低迷で体力が低下した中小企業は、すぐには賃上げに動けないだろう。

人口減少・少子高齢化が加速しているわが国の経済は、高度成長の時期を過ぎて安定成長の局面を迎え、経済全体がうなりを上げて回りだすことは考えにくい。風呂の湯が沸くように、景気回復が時間をかけて全体に行き渡ることを想定すべきだ。

景気が明るさを増せば、大企業から徐々に賃上げが始まる。緩やかに消費を盛り上げ、最終的に本格的な景気回復につながるまでには時間がかかるだろう。

しかし、焦るべきではない。本格的に景気が回復すれば、その恩恵は必ず経済全体に波及する。その時が来ると信じて、頑張ることが大切だ。

まかべ・あきお 1953年神奈川県生まれ。76年、一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。83年7月ロンドン大学経営学部大学院卒業。メリルリンチ社ニューヨーク本社出向などの後、市場営業部、資金証券部を経て、第一勧銀総合研究所金融市場調査部長。現在、法政大学大学院教授。日商総合政策委員会委員。『はじめての金融工学』(講談社現代新書)など著書多数。

次の記事

真壁昭夫

昨年12月半ばに行われたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉の閣僚会議では、関税や知的財産権などをめぐり各国が対立。当初の目標であった2013年中の合意を断念すること…

関連記事

真壁昭夫

世界経済は、新型コロナウイルスの感染再拡大懸念や、米中対立の鮮明化などによって回復への足取りが鈍くなっている。世界的な感染再拡大によって人の動き=動線が阻害され、各…

真壁昭夫

5G通信などのIT先端分野で米中の対立が先鋭化している。5月には米国政府が中国の通信機器大手ファーウェイへの制裁を強化した。また、これまで5G通信網整備のためにファーウェ…

真壁昭夫

今年6月14日、北海道を拠点とするスタートアップ企業である「インターステラテクノロジズ」が、観測用のロケット打ち上げを行った。若いエンジニアが集まり、コストを抑えなが…