日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 新モデル創出目指す 5市連携で地域活性

函館(北海道)、弘前(青森県)、松本(長野県)、下関(山口県)、北九州(福岡県)の5商工会議所は1月14日、「地方商工会議所地域連携事業の可能性について」をテーマに、専務理事会議を都内で初めて開催した。同会議は、各商工会議所の強みを生かして新しい経済交流モデルを生み出そうと、弘前商工会議所の工藤茂起専務理事の呼び掛けで実現したもの。

工藤専務は「これまでさまざまな会合でお声掛けしてきた。『何ができるか考えていこう』と、皆さんにも同意をいただいたことが発端」とあいさつ。他の4商工会議所専務理事からも「連携を機会に発信力を高めたい」「あらゆる面で面白い事業をしたい」などと意気込む声が聞かれた。今後、人材交流やものづくりなど、全く魅力の異なる5市の強みを生かした取り組みを考えていく。

全国に誇るネットワークを構築し、「われわれから地域を元気に、モデル事業を生み出そう」と5商工会議所は合意。今後具体的な活動内容を話し合っていく予定だ。

次の記事

セレクト地域短信 高校生が電話応対に挑戦 地域を担う人材育成へ

大分県 大分商工会議所

大分商工会議所は1月22日、「第1回高校生電話応対コンテスト」を開催した。地域経済を担う人材育成を目的に同所が企画。今回は初実施のため市内2校...

前の記事

セレクト地域短信 ご当地ラーメン 商品化 サッポロ一番牛骨味噌味 全国区デビュー

三重県 亀山商工会議所

亀山商工会議所(三重県)が県と企画し、市内ラーメン店とともに誕生させた「亀山ラーメン」がカップ麺になった。1月19日から全国のコンビニエンス...

関連記事

セレクト地域短信 ワーケーション体験推進 豊富な観光資源をPR

福島県 いわき商工会議所

いわき商工会議所(福島県)はこのほど、いわき市の観光産業活性化を目的としたワーケーション事業を開始した。新型コロナウイルス感染症拡大を背景...

セレクト地域短信 期待の若者40人を地元紙で紹介

群馬県 桐生商工会議所青年部

桐生商工会議所青年部(群馬県・桐生YEG)は、40周年記念事業として、これから羽ばたこうとしている若者を地域全体で応援することを目的に「FLY!KIRY...

セレクト地域短信 夏の魅力動画で発信 年間通じた誘客目指す

北海道 紋別商工会議所

紋別商工会議所(北海道)はこのほど、夏の紋別の魅力を詰め込んだ観光動画「JNO MOMBETSU観光プロモーション動画」をYouTubeで公開した。動画は、...