日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 スタジアムをつくる会発足 地元のチームJ2昇格へ

福島商工会議所は福島経済同友会や福島県サッカー協会など21団体とともに2月25日、「福島市にサッカースタジアムをつくる会」を設立した。会長には同所の渡邊博美会頭が選出され、国際試合が開催できる1万5000人以上収容可能なサッカースタジアムの建設を目指す。

同所では、スポーツを通じて、魅力ある地域づくりやまちの活性化、子どもたちへの夢の提供につなげたいとしており、昨年J3入りを果たした「福島ユナイテッドFC」の応援活動を続けている。しかし、現在同市内には、J2昇格の条件でもある1万人以上を収容できるスタジアムがないことから、勝ち進んでも昇格できないのが現状だ。

そのため、同会を通じてまちぐるみでスタジアムの建設を推進。さらに、2020年の東京オリンピック開催を視野に入れ、関連する合宿などの誘致も図る。同所は、「サポーター会員2万人キャンペーンの実施や応援旗を掲示しながら、地域一体で活動したい」と話している。

次の記事

宮城県

東日本大震災沿岸部被災地区商工会議所連絡会(沿岸地域15商工会議所、東北六県連で構成)は2月17~22日、東京の銀座三越で実施された特産品販売会「東北支援・東京銀座いきな…

前の記事

山形県 酒田商工会議所

酒田商工会議所(山形県)が開発した「傘福飴」が1日、販売開始となった。日本三大つるし飾りとしても有名な酒田の「傘福」(つるし雛)をモチーフにした手づくり組飴(金太郎…

関連記事

岩手県 久慈商工会議所

久慈商工会議所(岩手県)は、新型コロナウイルスの影響を受けている飲食・交通業などの消費喚起を促し地域経済の活性化につなげるため、久慈市の事業委託を受け、市内で使える商…

福岡県 田川商工会議所青年部

田川商工会議所青年部(福岡県、田川YEG)は、会員事業者が店頭などに掲示して新型コロナウイルス拡大防止対策をアピールできるA4判ポスター「安心安全対策おしながき」を5千部制…

岡山県 総社商工会議所

総社商工会議所(岡山県)は、総社市の魅力や企業情報・採用情報、イベント情報などを発信する「そうじゃのミライ」プロジェクトの一環として、YouTubeに専用チャンネルを開設し…