年金制度改正のポイント 第2回 適用拡大、当社は? 私は?

今回の年金改正の中で特に企業の関心が高いのは、短時間労働者に対する被用者保険の適用拡大。被用者保険、すなわち厚生年金と健康保険をパート労働者にも適用する改正で、企業にも従業員にも保険料負担が発生する一方、企業にとっては人手確保、従業員にとっては給付の充実につながる。今回は、その対象範囲について分かりやすく説明する。

対象企業は

まず、適用拡大の対象となる企業について。既に2016年10月から、500人超の規模の企業はパート労働者を被用者保険に適用する義務があるが、今回の改正では、これを22年10月以降100人超、24年10月以降50人超と段階的に引き下げる。

この企業規模を測る際、全ての従業員をカウントするわけではない。カウントするのは「被保険者」の数。すなわち、「週労働時間が通常の労働者の4分の3以上」(フルタイムが週40時間なら、週30時間以上)の要件を満たし、既に被用者保険を適用している従業員の数だ。それ以外のパート労働者などは何人いてもカウントしない。例えば、既に適用している従業員数が60人、週30時間未満のパートが100人いる企業の場合、企業規模は60人。24年10月からの適用拡大となる。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

年金制度改正のポイント 第3回 適用拡大をチャンスに変える 無料会員限定

厚生労働省年金局年金課

適用拡大の対象となった場合、保険料負担による人件費増となるほか、従業員の働き方にも影響する可能性がある。制度改正に伴う環境変化に対してど...

前の記事

年金制度改正のポイント 第1回 高齢期の経済基盤強化 無料会員限定

厚生労働省年金局

年金制度改正法がこのほど成立した。今回の年金改正の全体像、適用拡大の具体的内容、その影響やメリットなどを3回にわたって解説する。被用者保険...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする