日商 Assist Biz

更新

企業を襲うサイバー脅威 スマホの不正アプリ

必要以上の情報を収集するアプリ

今月は、スマートフォン(スマホ)やタブレットの不正アプリについて取り上げます。スマホやタブレットなどの携帯端末はここ数年で急速に普及し、今や業務でも生活でも欠かすことのできない機器の一つとなりました。

携帯端末は、まず機器としてさまざまな機能を持っています。アプリケーション(アプリ)をインストールすることにより、さらに機能追加が可能で、便利に使うことができます。電話機能やインターネットへの接続機能だけではなく、カメラ、音楽プレーヤー、手帳、メモリーなど、従来は別の機器などでしか実現できなかったさまざまなことが、スマホやタブレット一台で可能になっています。

この連載の別の回でも説明した通り、このような便利さの裏には必ず危険性が潜んでいます。PCにウイルスがあるように、スマホやタブレットなどの携帯端末にも不正なアプリがたくさんあります。以前に取り上げた「ランサムウエア」も、スマホやタブレットに感染するものがあります。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

長谷川長一

今月は、ソーシャルメディア(SNS:ソーシャルネットワークサービスとも呼ばれる)などでのアカウント関係の脅威について取り上げます。Twitter、Facebook、Instagram、LINE、Y…

前の記事

長谷川長一

今月は、IoT機器への攻撃について取り上げます。「IoT(Internet of Things)機器」とは、デジタルビデオレコーダーやネットワークカメラ、家庭やSOHO用ブロードバンドルーター…

関連記事

長谷川長一

今回は人的脅威の中の非意図的なもの、「ヒューマンエラー」について取りあげます。「ヒューマンエラー」には、「誤操作」「設定ミス」「紛失・置き忘れ」「盗難」などがありま…

長谷川長一

今回は人的脅威の中の“意図的脅威”である情報セキュリティー上の「ルール違反」について取りあげます。「ルール違反」は、前回取り上げた「内部不正」と比較すると、軽いものと…

長谷川長一

今月からは、企業内部の人的脅威について取り上げます。情報セキュリティーにおける人的脅威には、意図的なものと非意図的なものがあります。まず今回は人的脅威の中でも意図的…