日商 Assist Biz

更新

企業を襲うサイバー脅威 偽アカウント

もしかして、偽アカウント?!

今月は、ソーシャルメディア(SNS:ソーシャルネットワークサービスとも呼ばれる)などでのアカウント関係の脅威について取り上げます。

Twitter、Facebook、Instagram、LINE、YouTube、LinkedInなど、ソーシャルメディアは広く普及し、現在では個人の生活だけではなく、企業の業務でも多く利用されています。ソーシャルメディアの公式アカウントをつくり、ビジネスを展開されている企業も多いでしょう。最近では、広報活動などでのブランドやイメージ向上のために、役員や社員が企業を代表する形で、ソーシャルメディアによる積極的な情報発信をするケースも増えています。

ソーシャルメディアでは、偽(にせ)のアカウントが多く存在します。これまでも、芸能人やスポーツ選手、政治家などの有名人の偽アカウントがつくられ、多くの人がだまされています。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

長谷川長一

今月は、「ソーシャルエンジニアリング」と呼ばれる脅威について取り上げます。「ソーシャルエンジニアリング」とは、攻撃や不正行為をするために必要となる重要な情報を、IT技…

前の記事

長谷川長一

今月は、スマートフォン(スマホ)やタブレットの不正アプリについて取り上げます。スマホやタブレットなどの携帯端末はここ数年で急速に普及し、今や業務でも生活でも欠かすこ…

関連記事

長谷川長一

今回は人的脅威の中の非意図的なもの、「ヒューマンエラー」について取りあげます。「ヒューマンエラー」には、「誤操作」「設定ミス」「紛失・置き忘れ」「盗難」などがありま…

長谷川長一

今回は人的脅威の中の“意図的脅威”である情報セキュリティー上の「ルール違反」について取りあげます。「ルール違反」は、前回取り上げた「内部不正」と比較すると、軽いものと…

長谷川長一

今月からは、企業内部の人的脅威について取り上げます。情報セキュリティーにおける人的脅威には、意図的なものと非意図的なものがあります。まず今回は人的脅威の中でも意図的…