日商 Assist Biz

更新

もらってうれしい大人の手土産 大豆の栄養たっぷり 門前町の名物料理 「日光湯波」

「揚巻湯波」12個箱入り1430円、20個箱入り2310円(いずれも税込・送料別)

日本のゆばの歴史は約1300年前、唐の僧・鑑真によって奈良に伝えられたのが始まりといわれている。しばらくして、栃木県の日光山にも伝わり、山岳修行僧たちの携帯食として重用された。その後も長い歴史を経てなお、門前町の名物料理として愛され続け、市内には今でも「湯波(ゆば)」ののぼりを立てる多くの店に、日々行列ができている。

早朝、ゆばの老舗製造元である「ふじや」を訪ねた。朝5時には全員出社、ゆばの原料となる豆乳づくりを始めている。一晩水にさらした大豆を石臼ですりつぶし、大釜で煮込んで豆乳とおからに分離させる。できた豆乳を角鍋(ゆば槽)に注ぎ、90度前後の蒸気熱で温めると10分ほどで表面にちりめん皺(しわ)のような凹凸が現れる。これが「湯波」だ。鍋からすくった最初の一枚目と二枚目は柔らかく、刺身ゆばになる。口に含むと、ふわっ、よい香り。とろ~りとろけて、豆の味が下に残る。そして、三枚目からは巻きゆば用となる。

「日光の湯波は庶民の味。とくに煮物は各家庭で競った家庭の味でした」と、齋藤一敬社長。今では「ゆばクッキー」や「ゆば蕎麦」なども登場しており、ゆばの可能性は無限大に広がっていきそうだ。

Data

社名:日光湯波ふじや

住所:栃木県日光市下鉢石町809

電話:0288-54-0097

Infomation

電話のほか下記よりネットでお取り寄せも可能

http://www.nikko-fujiyayuba.com/

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。

次の記事

沖縄県 宮古島市

南国宮古島の名物は、澄んだ青い海とサトウキビ。沖縄の離島の中でも人気が高いこの島で、約50年前から販売されている有名な焼き菓子「バナナケーキ」をご存じだろうか。シンプ…

前の記事

新潟県 村上市

越後村上は鮭のまち。秋になると市内を流れる三面川(みおもてがわ)に鮭が遡上(そじょう)し、まちじゅうが鮭一色になる。ここでは鮭を頭から尻尾まで余すところなく料理に使い、…

関連記事

東京都 文京区

朝は卵かけご飯にのせて、昼はたっぷり挟んでサンドイッチに、夜は野菜と一緒にサッとソテーして。私、こんなにコンビーフが好きだったかしら?「千駄木腰塚」のコンビーフに出…

青森県 黒石市

なんと素敵でおいしいコーンスープ! 正確には「嶽(だけ)きみスープ」、初めて出合ったコーンスープだ。嶽きみとは岩木山南麓の嶽高原で栽培されるトウモロコシ。津軽ならでは…

茨城県 水戸市

水戸の名物は黄門様と納豆、そして梅。水戸の偕楽園は日本を代表する庭園のひとつで、天保13(1842)年に徳川斉昭(なりあき)が造園。園内約13haの梅林には約3000本の梅が植えら…