日商 Assist Biz

更新

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.7 旧佐世保無線電信所施設

交通:佐世保駅から西肥バスで「高畑」まで50分。そこから徒歩30分 [写真提供]長崎県観光連盟

日本近代化の躍動を今に伝える旧軍港都市

明治期の日本は、近代国家として欧米列強に対抗すべく海防力を高めようと、天然の良港にさまざまなインフラや技術を集積させ、軍港として整備していきました。佐世保市はその一つで、旧佐世保無線電信所施設は長波無線通信施設として大正11(1922)年に竣工しました。

施設の中で特に目を惹く3本の無線塔は、1号・2号塔が135m、3号塔が137mという高さで、当時最高水準のコンクリート技術を今に伝えるものとなっています。平成9年に新たな無線施設が完成したことで電波塔としての役割を終え、現在は国の重要文化財として見学客を受け入れています。

観光担当者がすすめる!わがまちの「イチ押し」

佐世保商工会議所 企業振興係長 観光連絡担当 馬場 麻由美

佐世保で必ず訪れてほしい場所が九十九島(くじゅうくしま)。208の島々が織りなす絶景は、映画『ラストサムライ』のワンシーンにもなりました。美しい島々を眺めながら頬張る佐世保バーガーは格別な美味しさ! おなかも心も満たされます。

次の記事

新潟県新潟市

江戸時代における最大の海上輸送経路は、日本海沿岸の港と大坂を結ぶ西廻海運でした。この西廻りの航路を利用していた北前船の寄港地は、北海道から福井県までの7道県にまたが…

前の記事

広島県尾道市

尾道水道は、瀬戸内海に面する尾道と対岸の向島に挟まれた細長い海峡です。海の川とも呼ばれ、古来より重要な交通路として商人に重用されてきました。特に中世には、人やものが…

関連記事

福井県 小浜商工会議所

日本海に臨む小浜市はかつて、豊富な海の恵みを京の都に運ぶ「鯖街道」の起点であり、日本海沿岸各地とも海と陸の道でつながる一大港湾都市でした。鯖街道という名称は、京の庶…

大分県 日田商工会議所

日本では、明治時代に近代教育制度が導入される以前より高い教育水準を保ってきました。これを支えていたのは各地に存在した藩校や私塾などで、武士ばかりでなく広く庶民へも門…

北海道 赤平商工会議所

明治時代、北海道では資源開発と北方警備のため、国策として開拓事業が進められました。豊富な石炭資源が眠っていた空知地方では炭鉱の開発が進み、1882(明治15)年には、石炭…