日商 Assist Biz

更新

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.11 忍城

交通 秩父鉄道の行田市駅南口から徒歩約15分 [写真提供]行田市

足袋のまち行田を見守る要害堅固な『浮城』

埼玉県北部に位置する行田市は、日本一の足袋のまちとして発展し、最盛期の昭和13〜14年には全国生産量の約8割を担っていました。この地域は、古くから藍染めの綿布の生産が盛んであったため、この綿布をもとに忍藩主からの奨励を受け、足袋がつくられるようになったという歴史があります。 まちの中心部にある忍城は戦国時代、石田三成の水攻めに耐えたことから『浮城』の別名を持ち、関東七名城の一つに数えられていました。現在の忍城は、63年に再建されたものですが、最上階からは関東平野と山並みが一望でき、市民や観光客から親しまれています。

観光担当者がすすめる!わがまちの「イチ押し」

行田商工会議所 広報担当 坂田 久枝

『日本遺産』にも認定された、“足袋蔵”です。市の中心部に点在しており、行田の名物ゼリーフライを片手に横丁を歩くと、今でもミシンの音が聞こえるようです。「のぼうの城」や最近では「陸王」のロケ地になりにぎわっています。

次の記事

宮城県 塩釜商工会議所

仙台藩の藩祖・伊達政宗といえば、『独眼竜』の異名を持ち、政治や戦略に長けた勇猛な戦国武将として知られますが、一方で仙台を文化的な側面から発展させた人物でもあります。…

前の記事

神奈川県 鎌倉商工会議所

12世紀末、源頼朝が幕府を開いた鎌倉は急速な発展を遂げ、中心部には多くの寺社が建立されました。鶴岡八幡宮とその参道の若宮大路をはじめ、現在の鎌倉のまちの骨格は鎌倉時代…

関連記事

福井県 小浜商工会議所

日本海に臨む小浜市はかつて、豊富な海の恵みを京の都に運ぶ「鯖街道」の起点であり、日本海沿岸各地とも海と陸の道でつながる一大港湾都市でした。鯖街道という名称は、京の庶…

大分県 日田商工会議所

日本では、明治時代に近代教育制度が導入される以前より高い教育水準を保ってきました。これを支えていたのは各地に存在した藩校や私塾などで、武士ばかりでなく広く庶民へも門…

北海道 赤平商工会議所

明治時代、北海道では資源開発と北方警備のため、国策として開拓事業が進められました。豊富な石炭資源が眠っていた空知地方では炭鉱の開発が進み、1882(明治15)年には、石炭…