日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 ご当地ドリンク新発売 JAと4度目のタッグ

和歌山商工会議所は1日、JAわかやま、和歌山市農業委員会、和歌山市の4者で共同開発した「和歌山ジンジャーエール」の第4弾となる「じゃばらしみ透る Wakayama GingerAle」の発売を開始。同県東部にある北山村の特産品・ジャバラの果汁を3%使用した炭酸飲料で、ショウガの刺激とジャバラの酸味がすっきりとした口当たりと爽やかな味わいを生み出している。

同商品は、平成20年8月にJAわかやま、和歌山市農業委員会と締結された「農商工連携に関する協定書」に基づく商品開発の一環で開発されたもの。平成22年5月から発売されている第1弾の「生姜丸しぼり」は、年間100万本の大ヒット商品となり、全日空の機内販売などにも採用された。続いて開発された第2弾の「梅ひと雫」、第3弾の「桃ほのか」も地域の特産物を使用したもので、いずれも高い人気を誇っている。今回の「じゃばらしみ透る」に使用されている「ジャバラ」は、全国で唯一自生していた果実で、花粉症に効くとも言われているもの。生産量が限られていることから、17万本限定で発売される。

同所では、「わかやまの特産品であるショウガとジャバラの風味を味わっていただきたい。健康志向の人にもぜひ飲んでほしい」と話している。

1本250㎖入り180円(税込)。現在はわかやま農業協同組合の直売店や県内のスーパー、コンビニエンスストアなどで販売されている。

次の記事

青森県 八戸商工会議所

東日本震災を乗り越え、本格復興を目指す八戸と久慈エリアを首都圏でPRするイベント「おんでやぁんせ八戸・久慈観光復興キャンペーン」が6日、東京・有楽町で開催された。同地…

前の記事

鹿児島県 出水商工会議所

出水商工会議所(鹿児島県)などで構成する「いずみさん」推進協議会スイーツ部会が中心となって開発した、特産のサツマイモをぜいたくに使用したご当地スイーツ「いずみさんスイ…

関連記事

福井県 敦賀商工会議所

敦賀商工会議所は、「敦賀真鯛(まだい)」の地域ブランド化を目指し、新メニューの開発に力を入れている。2020年7月には敦賀市在住の個人を対象にレシピを募集。9月に応募15作品…

富山県 黒部商工会議所

黒部商工会議所(富山県)と黒部市は、毎年盛況の商工業の祭典「くろべフェア」を今年はオンラインで開催している。コロナ禍の中でも地元企業をPRしようと同所ホームページ内に…

北海道 恵庭商工会議所

恵庭商工会議所(北海道)は、恵庭市の姉妹都市ニュージーランド・ティマル市の特産品であるブラックカラント(カシス)を原料にした飲料「ブラックカラントソーダ」を開発した…