わがまち百景 日本遺産を巡る vol.22 伊賀上野城

交通 伊賀鉄道伊賀線「上野市駅」から徒歩約10分 [写真提供]伊賀文化産業協会

真の忍者の姿を伝える忍びの里の優雅な城

県境を挟んだ伊賀市・甲賀市は、今や国内のみならず海外からも人気の高い「忍者」発祥の地の一つです。伊賀上野城は1585年に筒井定次(さだつぐ)により築城され、1608年に徳川家康の命を受けた藤堂高虎により、豊臣方と対峙(たいじ)するために高さ30mほどの高石垣をめぐらすなどの改修工事が行われました。難攻不落と呼ばれた上野城は、高虎が伊賀忍者に盗写させた各所の城の要害図を元に改修したという言い伝えがあります。 現在の天守閣は1935年に竣工(しゅんこう)したもので、その美しい姿から「白鳳城」と呼ばれ、伊賀市のシンボルとして市民に親しまれています。

観光担当者がすすめる!わがまちの「イチ押し」

上野商工会議所 山崎茜音

伊賀茶を扱う、城下町の老舗茶屋「むらい萬香園」。日本茶アドバイザーの資格を持つ明るく気さくなご主人と、看板忍者猫の「茶々」が迎えてくれます。高級抹茶を使った名物「抹茶ソフト」はもちろん、忍者パフェや忍茶オーレもオススメです。

次の記事

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.23 竹生島

滋賀県 長浜商工会議所

琵琶湖北部に浮かぶ竹生島(ちくぶじま)は、古来より神の住む島として信仰を集めてきました。奈良時代の僧・行基が創建したといわれる宝厳寺(ほうご...

前の記事

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.21 金剛山藤井寺

徳島県 吉野川商工会議所

四国八十八カ所巡りとは、遍路とも呼ばれ、江戸時代の庶民の間で流行した巡礼の旅の一つ。もともと、平安時代に都から離れた四国は修行を積む場所...

関連記事

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.36 遠敷谷(おにゅうだに)

福井県 小浜商工会議所

日本海に臨む小浜市はかつて、豊富な海の恵みを京の都に運ぶ「鯖街道」の起点であり、日本海沿岸各地とも海と陸の道でつながる一大港湾都市でした...

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.35 咸宜園

大分県 日田商工会議所

日本では、明治時代に近代教育制度が導入される以前より高い教育水準を保ってきました。これを支えていたのは各地に存在した藩校や私塾などで、武...

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.34 北炭赤間炭鉱ズリ山

北海道 赤平商工会議所

明治時代、北海道では資源開発と北方警備のため、国策として開拓事業が進められました。豊富な石炭資源が眠っていた空知地方では炭鉱の開発が進み...