わがまち百景 日本遺産を巡る vol.21 金剛山藤井寺

交通 JR鴨島駅より車で約10分 [写真提供]徳島県観光協会

弘法大師空海ゆかりの札所を訪ね全周1400㎞を巡る四国遍路

四国八十八カ所巡りとは、遍路とも呼ばれ、江戸時代の庶民の間で流行した巡礼の旅の一つ。もともと、平安時代に都から離れた四国は修行を積む場所とされ、讃岐国(さぬきのくに)で生まれた空海もこの地を巡っていました。空海亡き後、弟子たちがその足跡(そくせき)を辿(たど)って旅をしたことが、四国遍路の原型と言われています。 吉野川市にある第十一番札所金剛山藤井寺(こんごうざんふじいでら)は、815年に空海自ら薬師如来像を刻み、堂宇(どうう)を建立したと伝わる臨済宗の寺院です。その際、堂宇の前に空海が植えた藤の花にちなみ、その名がつけられました。現在も4月下旬から5月上旬にかけて、藤が美しく咲き誇ります。

観光担当者がすすめる!わがまちの「イチ押し」

吉野川商工会議所 住友 優佳理

鴨島駅から約2分の「レストランカナ」のお昼のイチ押しはビーフカレー。長時間煮込んだビーフとルーは濃厚で絶品。同市ブランド認定され、お土産や通信販売でも大人気。ぜひご賞味を。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.22 伊賀上野城

三重県 上野商工会議所

県境を挟んだ伊賀市・甲賀市は、今や国内のみならず海外からも人気の高い「忍者」発祥の地の一つです。伊賀上野城は1585年に筒井定次(さだつぐ)に...

前の記事

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.20 藤原宮跡

奈良県 橿原商工会議所

藤原京は、天武天皇が建設に着手し、持統天皇の時代である694年に遷宮された都で、橿原(かしはら)市から明日香(あすか)村にかけて造営されました。...

関連記事

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.36 遠敷谷(おにゅうだに)

福井県 小浜商工会議所

日本海に臨む小浜市はかつて、豊富な海の恵みを京の都に運ぶ「鯖街道」の起点であり、日本海沿岸各地とも海と陸の道でつながる一大港湾都市でした...

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.35 咸宜園

大分県 日田商工会議所

日本では、明治時代に近代教育制度が導入される以前より高い教育水準を保ってきました。これを支えていたのは各地に存在した藩校や私塾などで、武...

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.34 北炭赤間炭鉱ズリ山

北海道 赤平商工会議所

明治時代、北海道では資源開発と北方警備のため、国策として開拓事業が進められました。豊富な石炭資源が眠っていた空知地方では炭鉱の開発が進み...