コラム石垣 2017年10月11日号 神田玲子

伝統文化もその時代の人々の手が加わることで奥義が究められる。例えば、フランス料理に新風を吹き込んだヌーベル・キュイジーヌ。調理の過度な手間を省くことで、伝統からの離脱を図ったという。著名な料理人を巻き込んだこの運動は、フランス料理の普遍的価値を残しつつ時代に合った仕様に変更する試みだ。

▼こうした取り組みが必要なのは料理に限ったことではない。時代の変化を反映して仕様を見直す必要があるのは経済社会においても同様だ。日本的雇用慣行といわれる終身雇用、年功序列制、企業内訓練の3点セット。これらの制度が高度経済成長期に日本社会に根付いたのは、勤勉な労働者を大量に必要とした企業のニーズに応えたからだ。

▼当時と経済環境が異なる今では、従前の雇用システムも成長の足かせにすらなりかねない。一旦入社した企業に骨をうずめる意識が強いためにリスクをとって起業する意欲が労働者に湧かない。労働者を守るはずの雇用保障も、それと引き換えに人権が蔑ろにされ、長時間労働、パワハラ、過労死という事態を招いてしまう。

▼しかし、性急な制度変更は避けるべきだ。チーム力、後輩への指導、企業への忠誠心といった日本の「強み」は雇用慣行によって醸成されたものであり、制度変更とともに失われる恐れがあるためだ。重要なのは、制度がもたらす大切な価値を残しつつ、時代の方向感を持って見直すことである。先のヌーベル・キュイジーヌも近年では伝統的なフランス料理に回帰する動きも生まれ、真髄を見極めようという努力が今も続いている。私たちも、日本的な雇用慣行の本質が何かを探求しつつ時代の要請に応えるための見直しに取り掛かるべきだ。

(神田玲子・NIRA総合研究開発機構理事)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

コラム石垣 2017年10月21日号 宇津井輝史

文章ラボ主宰 宇津井輝史

誰が初めに言ったのかは知らぬが、日本人が過大評価しているものが3つあるという。オリンピックとノーベル賞、そして国連である。オリンピックは国...

前の記事

コラム石垣 2017年10月1日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

昨年4月に熊本地方を襲った地震で西原村役場の地震計が極めて異常な波形を記録した。この布田川断層帯(活断層)による直下型地震は地震発生から10秒...

関連記事

コラム石垣 2022年5月1日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

明治維新を成し遂げた日本は中国の近代化を支援した。政府はむろん、日活の創業者ら民間人も孫文を援助して辛亥革命を助け、アジア初の共和国・中...

コラム石垣 2022年4月21日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

先日、日本の政策についてアンケート調査を実施した。そのうち「あなたが専門家に聞きたいことは何か」の問いでは、「有識者は信頼できないので質...

コラム石垣 2022年4月11日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

ウクライナ東部要衝のマリウポリや北東部のハリコフでのロシア軍の攻撃は凄惨を極めた。ウクライナ国民の戦意をくじくためにロシア軍は意図的に病...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする