日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 マギー司郎語録『一本絞りで突き進む』

マジシャンのマギー司郎さんとはご縁があり、対談や講演を度々ご一緒させていただきました。個人的な付き合いで垣間見る人柄や考え方も素晴らしく、公私ともにファンなのですが、彼から学んだ言葉に、『一本絞り』というものがあります。『石の上にも3年』に通じる意味ですが、今回は、この『一本絞り』をご紹介しましょう。

マギーさんは茨城県出身で高校卒業後、水商売のアルバイトをしながらマジックスクールに通いました。そこにはMr.マリックさんもいて、正統派の手品を学んでいるのですが、お客さまの求めるものを肌で感じ、独特の芸風を生み出しました。

学校を卒業してから、小劇場の幕あい手品師になり、これを12年間続けました。1カ月ごとに移動する巡業で、ショー目的で来ているお客さまにどんなにすごい手品を見せても、反応は良くありませんでした。数年過ぎるうちに、「僕も大変なのよ…」とか「手品が苦手なのよね…」といったつぶやきが徐々にウケ始め、大切なのは手品の技を見せることより、お客さまを楽しませることだと考えるようになり、茨城弁の語りを入れながら手品を見せるようになりました。

ちょうどその頃、新潟出身の大御所奇術師・アダチ龍光さんが引退したため、寄席から声が掛かるようになりました。寄席のお客さまが何を求めているのかを考えた末に、本気で見せて、驚かせる手品ではなく、ホッとさせて笑わせる手品でいくことを決心しました。これが彼の言う『一本絞り』で、本当は腕があっても、下手で一見手抜きのような手品を見せて、和ませて笑わせる、今のしゃべりが軸のスタイルを確立したのです。

『一本絞り』で突き進んでいくうちに、自分の顔が変わったそうです。例えば、映画『男はつらいよ』で、寅さん役の渥美清さんが冒頭でスクリーンに登場しただけで、劇場内の人はもう笑い始めます。それと同じように、彼は舞台に上がっただけで、客席をホッとさせ、笑いが溢(あふ)れる空気を醸すことができるようになったのです。

『石の上にも3年』という言葉がありますが、このことで一人前になりたいと思うなら、それ以外やらずに、とにかく、それだけに打ち込む年月を過ごすことです。そうしているうちに体も頭も仕様が変化し、それをやることが一番得意で楽なことになります。そうなれば、おのずと人は神業に近いレベルの仕事ができるようになります。そして、神業を持つ人には当然のように『一本絞り』で突き進んだ時期があるのです。

皆さんも、ご自身の事業の『一本絞り』をお考えいただき、事業方針(内容)を見直す際などの参考になさってください。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

2017年にノーベル経済学賞を受賞した、米国の経済学者、リチャード・H・セイラー博士(シカゴ大学教授)が研究する『行動経済学』をご存じでしょうか。標準的な経済学は、合理…

前の記事

小山政彦

私は、将棋の羽生善治九段(「十九世名人」称号資格保持者=原則として就位は引退後)と共著で、2013年に『勉強について、私たちの考え方と方法』(PHP研究所)という本を出しま…

関連記事

小山政彦

お金とマネーは違います。分かりやすくいえば、生活のために使うのがお金。株など投資するために使うのがマネーです。例えば、ソフトバンクグループ会長の孫正義さんが1兆円の…

小山政彦

経営者にはさまざまな視点の思考が必要で、「Think Globally,Act Locally:地球規模で考えて足元から行動せよ」は、まさに今大切です。が、それに加えていただきたいのは、Thi…

小山政彦

科学の進歩にともない時代が変わると、価値観も大きく変化します。180度変わることを意味する「コペルニクス的転回」という言葉も、天動説の時代から地動説に変わったことに由…