日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 未来のリスクを最小限にする

私は、将棋の羽生善治九段(「十九世名人」称号資格保持者=原則として就位は引退後)と共著で、2013年に『勉強について、私たちの考え方と方法』(PHP研究所)という本を出しました。彼はまれに見る明晰(めいせき)な頭脳の持ち主であり、対談しても非常に楽しかったので、それ以来、ファンの一人として彼の対戦や発言が気になります。プロの棋士とビジネスマン。生きる世界は全く異なりますが、その覚悟は同じなのだと、彼の言葉で感銘を受けたことがあります。

「〝自分の得意な形に逃げない〟ということを心掛けている。得意な形にすると、相手に研究されて負けにつながる。得意は捨てる。築き上げたものを捨てなくては勝てないし、たとえ勝てたとしても良い将棋は残せない。変えることは私にとって大きなリスクであるが、積極的にリスクを負うことは未来のリスクを最小限にする」

私たちも、こういう覚悟でいたいものです。そうでなければ、この厳しい時代に生き残っていくことはできません。今は10年ひと昔ではなく、3年ひと昔の時代。変化のスピードが激変しています。過去の成功体験にこだわらず、今を見つめて変わろうと努めてください。

私の予測では、東京五輪をきっかけに人々の心は団結し、日本回帰します。そして、ライフスタイルは、21年から23年の間にカジュアル化していきます。

経済的変化としては、トランプ米大統領は再選を望んでいるため、20年10月頃まで米国の株価は下がらないと思われますが、無理に維持した後、同年12月から21年7月にかけて暴落する可能性があります。米国の株が大きく下がることと、東京五輪後に公共事業が減ることが重なり、日本の景気は悪くなります。それでも、3000万人のインバウンド(訪日外国人客)が続けばいいのですが、世界の人々が、いつまで日本に興味を持ち続けてくれるかは分かりません。もし、訪日外国人客数が2000万人や1500万人にまで減った場合は、一気に不景気がやって来ます。

大きな時流としては26年頃、中国のGDPが米国を超えると予測しています。その場合、21年から30年までの間に、経済覇権が徐々に中国に移り、世界中が中国から大きな経済的影響を受けます。象徴的な出来事として、強烈なドル安が起こると思います。

私たちは、このような激変の時代に生きています。21年が、いろいろなことの変わるターニングポイントです。しっかり準備しておかないと、今の業績を維持できなくなります。未来のリスクを最小限にするために、皆さんも変わる準備をなさってください。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

マジシャンのマギー司郎さんとはご縁があり、対談や講演を度々ご一緒させていただきました。個人的な付き合いで垣間見る人柄や考え方も素晴らしく、公私ともにファンなのですが…

前の記事

小山政彦

これから10年で時代は激変します。従って、固定観念や先入観は邪魔ものでしかありません。現実を素直にしっかりと見定めることが重要です。我々が知りたいのは近未来です。自由…

関連記事

小山政彦

新型コロナウイルス感染症の問題は、やがて終息を迎える日が来るでしょう。しかし、コロナ禍で始まったリモートワークという働き方は、ある部分継続していくに違いありません。…

小山政彦

お金とマネーは違います。分かりやすくいえば、生活のために使うのがお金。株など投資するために使うのがマネーです。例えば、ソフトバンクグループ会長の孫正義さんが1兆円の…

小山政彦

経営者にはさまざまな視点の思考が必要で、「Think Globally,Act Locally:地球規模で考えて足元から行動せよ」は、まさに今大切です。が、それに加えていただきたいのは、Thi…