YEG(青年部)フラッシュ ジュニエコ初開催子どもたちの笑顔に達成感

子どもたちが創意工夫をした商品が実際に販売された

島原商工会議所青年部では本年度、長崎県で初めてジュニアエコノミーカレッジを開催した。平成12年に会津若松YEG(福島県)が考案した本事業は、今では全国に広まっている。小学生が1チーム5人で模擬株式会社を設立し、計画、仕入れ、製造、販売、決算、納税までを体験する起業体験プログラムだ。

昨年7月の説明会には5チームが参加。8月のセミナーではルール説明から会社設立までを行い、10月の合宿セミナーでは、寝食をともにしながら、商売の仕組みを学び、商品・店づくりの具体的な計画を練り、模擬銀行からの借入や株式発行も体験した。そして11月、島原産業まつりの会場で、パンケーキやホットドッグなどの食品、手づくりアクセサリーなど、子どもたちが考え製造したさまざまな商品を販売した。12月には決算を行い、利益は子どもたちのお小遣いとなった。

メンバーは、「初めてづくし、長丁場の事業で、気が休まる間もなかったが、子どもたちの笑顔と成長を目の当たりにし、達成感もあった。来年度も開催し、さらに多くの子どもたちに参加してもらいたい」と話している。

次の記事

YEG(青年部)フラッシュ オリジナルグッズでPR続々と新商品を作製 無料会員限定

熊本県 荒尾YEG

荒尾商工会議所青年部では、荒尾市をPRするためのさまざまなグッズを作製している。第1弾は平成20年度、同市で開催した九州ブロック大会の記念品と...

前の記事

YEG(青年部)フラッシュ 世界に注目される地域を形成YEGの力を日本の力に 無料会員限定

熊本県 人吉YEG

アジアの玄関口である九州地方では、東京オリンピック・パラリンピックを4年後に控える中、インバウンドの整備をさらに加速させる必要があります。...

関連記事

YEG(青年部)フラッシュ 活動紹介 日本YEGのこだわり 「全国の単会のためになる活動」「日本YEGだからこそできる活動」

日本商工会議所青年部/岡山県 倉敷商工会議所青年部/石川県 小松商工会議所青年部

日本YEGは、会員自身の「スキルアップ」、会員企業の「業績向上」、会員が拠点を置く「地域の発展」の三つを軸に、全国415単会の成長を促す事業を...

YEG(青年部)フラッシュ 事業紹介 組織力活性化事業

日本商工会議所青年部/宮崎県 小林商工会議所青年部/秋田県 秋田商工会議所青年部

全国に415単会あるYEGのスケールメリットを生かし、各地の単会に寄り添った事業を展開。単会が時代に即して進化していくには、組織力の強化と向上...

YEG(青年部)フラッシュ 事業報告 日本YEG×企業との事業連携 第1弾 青木仁志氏講演会 「永続的に成長し続ける企業とは何か?」

千葉県 柏商工会議所青年部/栃木県 宇都宮商工会議所青年部

事業連携の第一弾として、経営者の目標達成を支援している人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」の代表取締役会長兼社長・青木...